にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › Category - テクテクお散歩:多摩編
2015-09-27 (Sun)

多摩センター 縄文の森 その2

多摩センター 縄文の森 その2

ども にぽぽです=*^-^*=縄文の森のお散歩を続けて、次に見えてきた復元住居。縄文中期終末(約4.200年前)、関東地方では住居の床に平らな石を敷いた“敷石住居”が流行ったそうです。     縄文後期の土器は機能的で複雑な形になってきています。4.000前に注ぎ口付きの器!便利さを追求、人間てすごいなぁ~と感動。中期末から富士山の火山活動が盛んになり、気候も涼しくなってきました。多摩ニュータウン地域の遺跡数は急速...

… 続きを読む

ども にぽぽです=*^-^*=



縄文の森のお散歩を続けて、次に見えてきた復元住居。

20150923多摩センター43

縄文中期終末(約4.200年前)、関東地方では住居の床に平らな石を敷いた“敷石住居”が流行ったそうです。

20150923多摩センター44

     20150923多摩センター45


縄文後期の土器は機能的で複雑な形になってきています。

20150923多摩センター46

4.000前に注ぎ口付きの器!
便利さを追求、人間てすごいなぁ~と感動。

20150923多摩センター47

中期末から富士山の火山活動が盛んになり、気候も涼しくなってきました。
多摩ニュータウン地域の遺跡数は急速に少なくなります。
後期も中ごろになると、人々は丘陵から低地におりて生活を始めたようです。



展示ホールの中には、にぽぽの大好物のジオラマが♪

20150923多摩センター52

多摩センターの縄文村は、多摩ニュータウンNo.57遺跡を保存する目的で整備されています。
遺跡の北側は小さい谷になっていて、今は小田急線、京王線が通っています。
その線路を超えたところに乞田川が流れているという地形。
台地の上に作られた典型的な縄文の村だったのです。

20150923多摩センター53

北斜面に湧水をためる小さな水飲み場が造られています。

     20150923多摩センター54

かつてはどんな日照りのときでも涸れることがなかったようで、江戸時代から続く農家の生活用水として最近まで使われていたそうです。

現在は開発により水脈が切れて、湧き水は見られないと説明板に書かれていましたが、にぽぽが訪れたときには、9月初旬の長雨の影響か、水がチョロチョロと滲みだしていました。

     20150923多摩センター55



ゴミ捨てたり、

20150923多摩センター57

家を作ったり、

20150923多摩センター58

落とし穴でイノシシを獲ったり、

20150923多摩センター56


川で獲れた魚を加工したり。

20150923多摩センター59

縄文時代の労働は、食う寝る直結でとてもシンプル。


縄文人御用達は「縄文良品」

     20150923多摩センター60

良質な天然素材をふんだんに使った縄文ファッション。
このナチュラル感が縄文生活の基本だそうです(笑)。


衣服の出土例はないので、おそらくこんな感じかなと復元。

     20150923多摩センター74


草皮や樹皮などの植物繊維を撚って糸にしたものを、俵や菰などと同じ絡み編みで作り上げた編布(あんぎん)という布。

     20150923多摩センター75

この作り方は、今でも新潟県を中心とした地域に残っている「越後アンギン」と呼ばれているもので、、織機による織物が入ってくる以前から用いられた古代布の製法だそうです。


     20150923多摩センター76

ふむふむ、触り比べて素材感を確認。

     20150923多摩センター77

やっぱり圧倒的に麻が柔らかくてよい♪


     20150923多摩センター61

数珠玉や動物の骨などでネックレス、こんな感じだったと思う~~っ!
身を飾りたくなるのって、人間の本能なのかな。


おお!見たことがある耳の装飾品。

     20150923多摩センター62

     20150923多摩センター63

どうやってつけたんだろうと思っていたけど、耳に穴をあけてつけてたのか!
へー、長年の謎が解けた。



展示コーナーには、こんなものもありました。

20150923多摩センター48

コロコロ・・・

20150923多摩センター49

コロコロコロ・・・

20150923多摩センター50

ギュムギュム

20150923多摩センター51

地味だけど、結構面白い・・・
あなたも、縄文土器デザイナーになってみませんか!

なんだかんだ、結構楽しんで“東京都埋蔵文化センター”を後にしたのでした。


“東京都埋蔵文化センター”を出てすぐそばに、サンリオピューロランド。

20150923多摩センター64

むか~しむかし、そのむかし。
グループデートで来たことあったなぁ・・・。
なんでここに来ることになったんだっけ?
あまりにもキャラじゃなくて、「や~ん、かわいー!」とか反応が浮きまくった思い出が蘇る。痛い・・・・。

さ、ご飯食べに行こう。


気を取り直して歩き出すと、金木犀の香り。
秋ですねー・・・・って、香り強すぎ。

20150923多摩センター65

金木犀だらけ!
なんでこんなに金木犀植えまくってるのだ(爆)


金木犀の不思議スポットをすぎると、ゆるーっと下り坂。
縄文時代の谷に当たる部分になっていき、小田急線、京王線の高架下をくぐると、乞田川。

治水事業により、流れを矯正されて窮屈そう。

20150923多摩センター66


縄文時代は、きっと魚もたくさん獲れた豊かな川だったんだろうね。

20150923多摩センター67



にぽぽの今日のお昼はお蕎麦♪
“蕎家 佳 (きょうや よし)”さんへ。

20150923多摩センター68

お店で製粉したそば粉を九割使ったお蕎麦。
出汁も、自家刷りの近海一本釣りの本枯れ鰹節と羅臼昆布を引いて作っているというこだわり。

お店はさほど広くはないけど、お客さんでいっぱい。
どのお客さんも、「美味しかった!」と言いながらお店を出ていく、うわー楽しみ。



月替わりの更科そばのちょこっと盛りというメニューがあったのでオーダーしてみました。

20150923多摩センター69

“けし切り”
アンパンの上のつぶつぶの、あのケシを使った変わりそばですね。
にぽぽの日記の中で、更科といえば“芝大門 更科布屋”(2009年10月9日の日記⇒芝大門 更科布屋 10月のそば屋酒)
しばらく行ってないなぁ...( ¨)遠い目
なぜならば残業ばっかりで、お店が開いてる時間に帰れないからっ!忙しいとは、心を亡くすと書んだーーーっ(号泣)

それはいいとして、
“けし切り”は、ケシの粒々が香ばしい。
お蕎麦は断然、出汁で食べたい派のにぽぽも、「お塩でどうぞ」のお店のすすめに従って正解!
するするいっちゃう美味しさで、ちょこっと盛りじゃなくて並盛に変更したいと思ったほど。


メインでオーダーしたのは、天ざる。
ブレない大好物の天ざる(笑)

20150923多摩センター70

天ぷらはお皿に盛られて出てきました。

20150923多摩センター71

お蕎麦美味し~い!
更科系の甘めの出し汁も、絶妙のバランス。

蕎麦湯で割った味までも計算されているんじゃないのー!
と、のけぞる美味さ。
どんどんとサラサラと飲んじゃう。

あーーーこれ、お酒だったなぁ。
混んでるお昼時にお酒はご迷惑かと遠慮しちゃったけど、
お酒だったなあーーーーーーo(T^T)o くぅぅ~


美味しいお蕎麦屋さんを知ったことだし、今度は夕方に来て、抜きとお酒を楽しむことにしよぉ!




帰りの車窓からの景色。

20150923多摩センター72

開発されて、どこまでもどこまでも住宅で埋め尽くされた多摩丘陵。
雨水も滲みず、水脈は切断されて乾ききった大地。
コンクリートで固められて、真っ直ぐに流れる川。


豊かさを求めてたどり着いたはずの景色が、なんとなく痛々しく見えるのは気のせいだろうか。

20150923多摩センター73




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)

おでかけ日記ランキング
スポンサーサイト



2015-09-24 (Thu)

多摩センター 縄文の森

多摩センター 縄文の森

ども にぽぽです=*^-^*=2015年のシルバーウィークも・・・・・終わっちゃっうな~~~ どっっっっこも行かないうちに。人混みが苦手なので、世間的な連休には出かけないのが常のにぽぽですけど。それにしてもいいお天気だったのに、家でダララ~っとして終わるというのは、どうなんだっ!!と、いうことで、重い腰を上げてやってきた。多摩センター!!え?どこにあるのか知らない?!多摩センターは、昭和40年代に開発が進...

… 続きを読む

ども にぽぽです=*^-^*=


2015年のシルバーウィークも・・・・・


終わっちゃっうな~~~ どっっっっこも行かないうちに。


人混みが苦手なので、世間的な連休には出かけないのが常のにぽぽですけど。
それにしてもいいお天気だったのに、家でダララ~っとして終わるというのは、どうなんだっ!!


と、
いうことで、重い腰を上げてやってきた。

20150923多摩センター1

多摩センター!!

え?
どこにあるのか知らない?!


多摩センターは、昭和40年代に開発が進み、一大ニュータウンとなった多摩丘陵の一角であります。
仮面ライダーや、戦隊ものの元祖・ゴレンジャーが、爆薬仕掛けまくりの撮影をしていたのも多摩ニュータウンであったとか。


20150923多摩センター2

今、駅前はすっかり整備されておりますが、実はこのあたりの住民は、開発によって生活の場を失い、変身術を使って人間に化けている狸さんがほとんどだという話。(出典:平成狸合戦ぽんぽこ)


     20150923多摩センター3

街角の巨大タヌキのモニュメントや、

20150923多摩センター4

居酒屋さんの看板に唐突に描かれているタヌキさんは、化け狸さん達の秘密の暗号なんだとか、そうじゃないとか。
(多摩センターの住民の皆さま、どうもスミマセン)




多摩センターの駅を出てほんの5分ぐらいのところにあるのが、“東京都埋蔵文化センター”

20150923多摩センター5



20150923多摩センター6

立派な建物ですが、入場無料!
素敵♪


20150923多摩センター7

縄文が、今、 熱いっ!(にぽぽの中でだけ)



多摩ニュータウン地域に人々が住み始めるのは、約32000年前から13000年前の後期旧石器時代。
多摩丘陵の一帯には、旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡が多く残っています。

20150923多摩センター8

ジオラマの中のピンの位置は遺跡の場所を示しておりますが、にぽぽ的注釈を入れると、

20150923多摩センター9

こうなる。
ビョーキ健在(にぽぽのビョーキとは⇒コチラ)。


後期旧石器時代の多摩ニュータウン地域は、現在の札幌と同じぐらいの温度だったそうです。
南極、北極の氷が発達し、海岸線は今よりも約135mも低くなりました。
人々は移動しながら、ナウマンゾウやオオツノジカなどの大型動物や魚を捕獲して暮らしていたようです。


住居跡は残っていないそうですが、人々が食事をした場所では火を焚いたり、石焼料理をした跡に炭や焼けた石が見つかっています。
やがて、煮炊きに使う素焼きの器が造られるようになります。

縄文時代の始まりです。



縄文時代前期(約6.5000年前)は、最も温暖な気候で、海水面が現在よりも3mほど上昇していました。
そのため、東京湾の奥深くまで海が広がっていたので、現在の海岸部からかなり離れた場所で貝塚(2010年12月6日の日記⇒大森 ここが始まり、大森貝塚)が発見されます。


20150923多摩センター11

樹木や草が茂り、食べられる植物も増えたことで食生活は豊かになってきました。


20150923多摩センター13

土器には様々な道具によって文様がつけられ、石器の種類も増えました。
木工技術が発達して漆を使って赤色・黒色の装飾をするようになり、土偶など縄文の定番のものがほぼ出そろったのがこの時期だそうです。


20150923多摩センター14

この時期、多摩ニュータウン地域はシカやイノシシなどを生け捕りにするため、けもの道に沿って落とし穴が作られました。
落とし穴は、長さ1.5m、幅1m、深さ2mほどで、底には篠竹などがうめこまれ、足がからまって逃げられないようになっています。
落とし穴は15000基以上発掘されているんですって!
また、狩りの新しい道具として弓矢も使われるようになります。


その頃の竪穴式住居。

20150923多摩センター12


外敵に備えて入り口は小さく作ってありますが、

20150923多摩センター15

南北に長い長方形。
長辺7m、短辺4.5mで結構広い。

20150923多摩センター16

“縄文の村”に復元された住居内では、防虫・防腐を兼ねて火焚きが行われています。



中期になると気候は安定し、多摩ニュータウン地域ではヤチダモ、ナガガシワやトチノキなどの落葉広葉樹が広がりました。
そんな当時の森の様子も忠実に再現されています。

20150923多摩センター19


縄文中期(約4.500年前)の竪穴式住居。

20150923多摩センター17

地面は掘り下げて作ってあり、5.3.m×4.8mのやや楕円形。
入口部には死産した新生児などを葬ったと考えられる土器が埋められていました。



森は、当時の人々の食料を得るための場所でもありました。

20150923多摩センター21


これはアマドコロ。

20150923多摩センター20

地下茎と春の若芽が食べられるそうです。


これはムクロジの実。

20150923多摩センター23

完熟した実の種は羽子板の球に使われていたそうですよ!

20150923多摩センター26

果皮は、

20150923多摩センター24

な、なんと、!!

20150923多摩センター25

石鹸の代わりになる!!


と、いうようなことを、火の管理をしていた係員さんに教えていただいたのでした。


ミックスナッツ縄文バージョン。

20150923多摩センター22


クルミなどはこんな感じで割ります。

20150923多摩センター28


ドングリやトチの実などは、

20150923多摩センター27

このような石皿と擦石を使って、

20150923多摩センター29

こんな感じで粉にします。
渋が強いので、食べられるようにするには何度も水でさらして渋抜きが必要です。


ではここで、3分ではすまない縄文クッキング~!
♪チャララッチャッチャッチャッチャ、チャララッチャッチャッチャッチャ、チャララッチャチャッチャッチャッチャッチャッチャ チャッチャッチャ~
(BGM:イェッセル作曲『おもちゃの兵隊の行進』)


ドングリ粉に水を加えて、こねていきます。

20150923多摩センター30

なんとなくいい感じになったら、小判型に形を整えます。

20150923多摩センター31

石焼にします。

20150923多摩センター32

ヘルシーな縄文パン(?)の出来上がりです。

20150923多摩センター33


次は、秋の味覚。
その辺でとれたキノコや山芋を使ったお料理を紹介します。

20150923多摩センター34

葉っぱに包んで、蒸し焼きに。

20150923多摩センター35


焼き上がるまでにもう一品。

20150923多摩センター37

落とし穴で捕獲したイノシシの肉を、食べやすい大きさに切ります。
磨製石器は思ったより切れ味がいいので、うっかり手を切らないように注意してくださいね。

石で焼きます。

20150923多摩センター38

石の遠赤外線効果で、ふっくらジューシーに焼き上がります。


汁物も欲しいですね。

20150923多摩センター39

縄文中期の土器を使って、秋のキノコ汁を作りましょう。

20150923多摩センター40

先端部分を土に埋めて使うので、安定感が抜群です。


蒸し焼きも出来上がったようですよ。

20150923多摩センター36

うわぁ~ホックホクに仕上がっていますね、美味しそうです。

20150923多摩センター42


な~んてね。

“東京都埋蔵文化センター”で行われている体験教室の一つ、縄文食体験の紹介資料の前で、よだれを垂らすにぽぽなのでした。



つづく。

今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)

おでかけ日記ランキング
2011-01-23 (Sun)

百草園 春の色 春の香

百草園 春の色 春の香

ども にぽぽ です=*^-^*= ♪この坂を~超えたならぁ   幸せがぁ 待ってぇいるぅ~               (By 夫婦坂)このものすっごい坂道をぜーぜー言いながら登りきると、待っているのは幸せじゃなくて“京王百草園”です。百草園は、京王電鉄が経営する、四季おりおりの花を楽しめる日本庭園ですが、もとは松連寺というお寺でした。その証拠といいましょうか、園内の土中から出てきたのがこの石碑です。   ...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=




20101百草園1

 ♪この坂を~超えたならぁ
   幸せがぁ 待ってぇいるぅ~
               (By 夫婦坂)


このものすっごい坂道をぜーぜー言いながら登りきると、待っているのは幸せじゃなくて“京王百草園”です。

201101百草園2



百草園は、京王電鉄が経営する、四季おりおりの花を楽しめる日本庭園ですが、もとは松連寺というお寺でした。
その証拠といいましょうか、園内の土中から出てきたのがこの石碑です。

     201101百草園3

「不許葷酒入山門」という文字が彫られていたと思われますが、これは、葱等の臭いのある野菜、酒を口にした者は寺内に立ち入りできないという意味で、禅寺の山門によく建てられている碑であります。
「不許」の文字は以前から割られていて、現在は無いということです。




201101百草園4

松連寺跡に建っている、松連庵の周囲は梅の木ですが、まだまだ寒そうな枝ぶり。
雪吊りもしつらえてあり、冬ですね。
にぽぽがお散歩したのは先週ですが、「この冬一番」という冷え込みでした。


201101百草園5



そんな冬景色の中、目に飛び込んできた景色は、山の斜面を覆い尽くす日本水仙の群生。

201101百草園6



お花に顔を寄せれば、フワリフワリとい~香り♪

     201101百草園7

小ぶりな日本水仙なのに、地面からまっすぐに伸びている姿。
凛とした力強さを感じて、パワーをもらえる感じです。

可憐なのに強い。
日本水仙のような女になりたいわ。

ぷーーーッ∵ゞ(≧ε≦● ) ムリムリッ!!




ひときわ明るく華やかな一角は、咲き誇る蝋梅。

201101百草園8



あま~い香りのシャワーを、おもいっきり吸い込みました。

201101百草園9



満開にはまだ少し早いみたい。
キュッと寒さに耐える蕾。

201101百草園10



季節を探りつつ、ほろり。

201101百草園11



咲いてもいいかなって、ほろり。

201101百草園12



ほろりほろり、春はすぐそこ。

201101百草園13

蝋梅の ほろりほろりと 花笑う    にぽぽ




蝋梅や~・・・、蝋梅の花~・・・ホロリホロリ・・・ブツブツ呟きながら、一句できるまで蝋梅の下にいて、すっかり冷え込んでしまいました。
やっぱり、春はまだ遠いわね(^^;




ちなみに、百草園には、ちびたしゃんのブログで蝋梅の開花を知って、お散歩にやってきました。
蝋梅や水仙の美しい写真は、ちびたしゃんのところでぜひご鑑賞ください(笑)
(ちびたの気まぐれ日記⇒ 京王百草園 スイセンとロウバイがそろそろ見頃 )




百草園の程近くにあるお蕎麦屋さん、“むら岡”さん

201101百草園14


「百草園に行ってきたんですか? 今日は寒かったでしょー」と、とても気さくなご主人。
ええ、ほんとーーに寒かったです(笑)


カウンターには、〆張鶴、一の蔵などなど、にぽぽの大好きな銘柄がずらりとならんでおりましたが、せっかくだから地の物をと、“多摩の地酒”を頂きました。
もちろん、熱燗、肴は湯葉で。

201101百草園15

あ゛ー、ちょっと温まってきた♪



おそばは冬の限定、“きのこみぞれそば”

201101百草園16

あつあつーーー!!
食べ終わる頃には、ポカポカになりました(^^



ご主人に、百草園の駅(最寄り駅)への近道を教わりましたが・・・

201101百草園17

ほんとーにこっち??
不安を吹き飛ばすかのように、口をついて出た歌は、

 ♪ゆっきーよ、いっわーよ、われらぁ~はやどり~
  おれたっちゃー まちにぃは すめなーいからに~
                        (By 雪山賛歌)


カーブの出会いがしらで、野球のユニフォームを着た中学生男子と鉢合わせ。
こんな山道だけど、地元の方々には生活道路でありました。



にぽぽの歌、しっかり聞かれてしもた(赤面っ)!
ボルドー色のサングラス、ジーパンにヒップバッグ姿で、『雪山賛歌』。
ちょー年齢不詳。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
NoTitle * by hirokun
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
この歌、私もふと口ずさんでしまいます(笑)
なんて歌だっけ?
雪男だったっけ。。。
百草園は、ちびたさんのお庭。
ひっそりしてるのが、尚一層情緒があるように
思います。
学生の時、百草園を何度も通ったけど、まったく魅力
を感じなかったけど、今は行ってみたくなります。
これも歳かぁ。。。

NoTitle * by hisami
湯葉に熱燗にお蕎麦~~~
何だか大人~な飲み方☆
日本水仙のようですよ~~♪
凛としてて男前~(笑)

NoTitle * by イノぶた
だはははっ・・・
その格好で雪山賛歌は なかなか居ないわ~ 笑)

蝋梅かわいいね!!黄色綺麗だわ~
梅の花ってほっこりしててかわいいよね!!
でも 梅が咲くと・・・桜も近くなる ^^)
 

こんにちは(^^) * by 幸
ちびたさんの所、もう福寿草が咲いてました(^^;

私も春を探しに出かけようと思いつつ
コタツでみかんを・・・
これじゃ、身も心も脂肪が付いてしまいそうですv-356
来週こそ、お散歩して来ます(^^;

NoTitle * by サプリメント管理士
にぽぽさん、こんにちわ♪
もう水仙が咲いているんですね!
こちらより、ひと足もふた足も早いんじゃないかしら?
例年なら、東海地方より東京の方が寒いのに
今年はすっかり逆転しちゃいましたi-229
アツアツのお蕎麦がおいしそう!
これに、たっぷりの一味をかけたら体がぽかぽかになって
寒ぅ~いお散歩も楽しくなりそうですv-398
まだまだ寒さが続くそうですから、風邪などひかないよう
お気を付け下さいねぇ~v-222

NoTitle * by タヌ子
冬でもこうして花が楽しめる日本は本当に季節感を大事にしてるんだなぁって改めて思います。
ザグレブの植物園なんて4月まで閉園ですよ!
昔は雪が多かったから仕方ないかもしれないけれど、雪があまりふらなくなった今、もうちょっと努力してもいいんじゃないかな。
体が温まったのは、お蕎麦のお陰と言うより熱燗のお陰かも(笑)
私は花に例えると何だろう…
日本水仙じゃないことだけは確かだな。

NoTitle * by とも
こんにちは~。
にぽぽちゃん!
可愛いわ~。

本当に
にぽぽファンが多いのは 納得。

蝋梅の黄色い花も可愛いね。

寒い毎日ですが
もう すぐそこに 春ですね。

管理人のみ閲覧できます * by -

NoTitle * by ソーニャ
不許葷酒入山門、禅寺に行く時は気をつけなくちゃ!
朝から大蒜、ニラ食べてること多々ありなんです(汗)

水仙は今の時期のものだったんですね。
花屋さんを覗いてもハウスもの、輸入ものと野菜と
同じで季節が分からなくて(恥)

多摩の地酒というと澤の井が一番に浮かびます。

水仙に蝋梅♪ * by 土方副長
美しくて、キレイですね。
早く暖かくならないかな~。

2010-11-25 (Thu)

高幡不動尊もみじまつり 2010

高幡不動尊もみじまつり 2010

ども にぽぽ です=*^-^*=久しぶりに(?)、高幡不動尊にやってきました。七五三ラッシュも落ち着いた頃ですが、今日も境内は賑やかです。山門を入った正面の不動にお参りを済ませたら、にぽぽはいつも、その真後ろに建っている奥殿に向かいます。奥殿に祀られている丈六不動三尊像と、この五色の紐がつながっております。この紐を手におさめて、こちらにもお参りします。     不動堂の方より断然人が少ないので、願い事が...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=




久しぶりに(?)、高幡不動尊にやってきました。
七五三ラッシュも落ち着いた頃ですが、今日も境内は賑やかです。

DSCN9250.jpg



山門を入った正面の不動にお参りを済ませたら、にぽぽはいつも、その真後ろに建っている奥殿に向かいます。

DSCN9254.jpg



奥殿に祀られている丈六不動三尊像と、この五色の紐がつながっております。
この紐を手におさめて、こちらにもお参りします。

     DSCN9252.jpg

不動堂の方より断然人が少ないので、願い事が届きやすそうな気がするんですけど(笑)



高幡不動尊は、“もみじまつり”開催中。
毎年もみじを見に来るのですが、今年はタイミングばっちりだったようです。

DSCN9255.jpg

燃えるような紅葉の色を、昔の日本人は“恋染紅葉色(こいぞめもみじいろ)”と表現しました。
冷え込みが厳しいほどに、赤く染まる紅葉。
紅葉に例えられたのは、身を焦がすほどに激しくて、切ない恋なのかな?



高幡のお山に一歩、踏み入れば。

DSCN9257.jpg

例える言葉を持たないほどの美しい世界。



前日に降った雨で落ちた葉の、湿り気のあるいい香り。

DSCN9263.jpg



金赤、藤黄(とうおう)、薄青

DSCN9264.jpg



鬱金、黄朽葉(きくちば)、照柿、松葉

DSCN9267.jpg



金茶、深緋(こきひ)、鉛丹(えんたん)

DSCN9270.jpg



紅、蘇芳(すおう)

DSCN9272.jpg



     DSCN9278.jpg



朽葉(くちは)

DSCN9275.jpg



黄赤、千歳緑

DSCN9276.jpg

色の名前をいくつ挙げても追いつかないほど、秋でした。



高幡不動尊といえば、恒例のおみくじ。

DSCN9281.jpg

またしても凶ーーーっ!
連続の凶ーーーーっ!!


火発応連天 (てんをもこがす、もうかおこり)
新愁惹舊愆 (あらたなかなしみ、むかしのふるきず)
欲求千里外 (のがれさらんと、みおだえすれど)
要渡更無船 (わたりのふねの、ないかなしさよ) 

ぼんのうのほのおにやかれかなしみなげき、のがれんとすれどわたりのふねなし。
すべからく信心をおこさざれば救わるゝことなし。



天をも焦がす猛火が起こるって。
一体、にぽぽの身に何が起こるのでしょうかっ、ふくちょー(泣)

DSCN9288.jpg

・・・いつ見ても、クールな副長でございました。



さらに、恒例の“あんず村”でティータイム♪

DSCN9291.jpg


“もみじまつり”に合わせて期間限定の“もみじのデザート”。

DSCN9294.jpg

優しい味の野菜のムースに、高幡のお山の紅葉を写したような色のソース。
ここでも紅葉を堪能(^^




“あんず村”を出たら、とっぷり日暮れ。

     DSCN9311.jpg



五重塔には明かりが灯され、お坊さん達が声明を唱えながら五重塔に上がっていきます。

     DSCN9299.jpg

御仏に七難即滅・七福即生、並びにご先祖様の冥福をお祈りする、秋の行事“萬燈会”が始まっていました。



DSCN9305.jpg

昼間とは違う、厳かな雰囲気につつまれていました。




今日のお土産

     DSCN9314.jpg

京王線高幡不動駅のショッピングセンター1Fにある“松盛堂”さん。
看板メニューの“高幡まんじゅう”が有名なお不動さん門前にあるお店ですが、新選組関連グッズやお菓子も沢山あります(笑)
ばら売りされているので、一個ずつ買えるのも嬉しい(^^

DSCN9319.jpg

もえよ剣と近藤勇の魂はブッセ。
土方歳三恋歌は、甘~いみるく餡のおまんじゅうです。




高幡のお山の紅葉は、緑が混じって、色の襲が素晴らしかったです!
京都にも負けておりません!とは高幡不動尊の川澄貫主のお言葉ですが、同感です♪
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
NoTitle * by タヌ子
美しい!
日本の秋は最高ですね。
クロアチアのヘナチョコ紅葉とは大違い。
赤がないんですよ、赤が!
クロアチア人は激しい燃えるような恋を知らないのだ。
塩辛いもんばっかり食べてるから、恋愛感情も麻痺しちゃうのよね(関係あるのかな?)。
あんず村のデザートも燃えてますねぇ。
ソースはフルーツソース?
凶を引いちゃうと、色々と器をつけるようになるから、逆に災難に遭わないかも。
最後はしっかり新選組で〆るところがにぽぽさんらしくて素敵!

NoTitle * by ふうてん
もみじまつり、堪能させていただきました。
美しい日本の色、色、色ですね~
最近知ったのですが、日本の伝統色の名前って
素敵ですよね~
“文字”も“読み方”もこころに心地よく響きます。
にぽぽさん、ありがとう!!

NoTitle * by もか
それにしても、見事な紅葉だわあ!
「赤」がとても情熱的です(#^.^#)

にぽぽちゃん、暗くなるまでいたのね。
寒くなかった?

もみじのデザートもとても美しくて素晴らしいし、
最後お土産もちゃっかり、にぽぽちゃんらしくて、
ニンマリしてしまいました(へへ)

↓↓↓漢方のお勉強してるのね!!
あっぱれです(#^.^#)にぽぽちゃん、かっこいい♪

NoTitle * by みぃや
ステキな紅葉写真を見せていただき、
ありがとうございます

あ、、凶。。。
のがれんとすれどわたりのふねなし。ってのはなんか切ないね。
でも凶は吉に通じてます、大丈夫。

紅葉の一皿、ステキねぇ~
食べるのもったいないねぇ、といいつつ目の前にあったら
速攻で食べるけどねW

拍手



NoTitle * by hirokun
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
にぽぽ女子的紅葉の楽しみ方が実に面白かった
です。
色の変化を楽しむって言うかね。
朝、ちびたさんの所にお邪魔したら、高幡不動だった(笑)
二人の切り口の違いが、また面白かったです。
あんず村、これが〆にないと散歩は終わりませんがな。
血圧は、塩分や脂じゃなく遺伝みたいなんですよ。。。
一家で一番へるしーライフを送っていますから。

NoTitle * by こま
すっごぉ~~~~~く、素敵な景色ですねぇ!!
紅葉越しの五重塔(?)なんて、観光パンフとかポスターとかになりそうなくらい見事だし、様々に色合いの景色とか・・・・ @_@
イイなぁ~っ、秋を満喫v-34 v-34

野菜のムースも美味しそう! >_<

NoTitle * by イノぶた
恋染紅葉色とはいい言葉 ^^)
それにしても 紅葉が見ごろですね~
こちらでは黄色の紅葉が多いのでたまに赤いのも見たいわ~
もみじが見事!!

あんず村もなかなか楽しめそうな感じですし・・・
・・・・私もブッセ買おうかな~って結構 ベタなお菓子ですね~ 笑)

NoTitle * by もこりん
うはぁ・・・・・・キレイ・・・・・
ほんとこの言葉しか出てこないよ。。
紅葉ってホントに素晴らしいよねぇ~(*´∀`*)
こっちの紅葉は終わってしまって、もう枝だよ、枝(笑)
最近山ガールにハマっちまって(ウキウキ)トレッキングコースを歩きまくりなんだが、
このように赤い色はもうほとんどないの~
色の名前を知らないから表現しようがないけど、
緑、黄色、橙、赤、と、変わりゆく色の具合が
こうやっていくつも重なってるところがまたいいのよ!!!
(ところでにぽぽしゃんは、カラーリストでもあるのかぃ?)
素敵な紅葉を眺め、そして美味しい紅葉のお食事を頂き、、
秋っていいねぇ~~~(*´ェ`人)

NoTitle * by koo
にぽぽん ▽・w・▽こんばんわんこ

め、、、、、、っちゃキレイ!!ヽ(*'0'*)ツ
すっごい紅葉見ごろねぇ☆
どの写真も全部ステキで
ポストカードになりそう(*´∇`*)
ワタシは もみじのデザートの
ポストカードおくれ (*^^)

Re:タヌ子たん * by にぽぽ
紅葉や神社、鳥居とか、日本は赤が美しいなーと思います。
クロアチア人が燃えるような恋を知らない、には大笑いです。
恋染紅葉がないのは、残念ですねぇ。塩辛い料理との関連はどうかわかりませんけど(笑)
あんず村のデザートのソースは、果物ベースだと思います。
キウイだけはわかったのですが、赤と黄色の正体は全くわからず。
ベリー系の酸味もないし・・・甘いソースでした。
赤いグラニュー糖が散らしてあって、シャリシャリした感覚もよかったです(^^
お土産のお菓子、にぽぽは“土方歳三恋歌”が一番気に入りました♪


2010-06-10 (Thu)

吉祥寺 平日の昼下がり

吉祥寺 平日の昼下がり

ども にぽぽ です=*^-^*=天候不順でも、一応は夏らしくなってくるもので、クローゼットの中も夏仕様。がしかし・・・・。着るものがな~いっ!一体、去年の夏は何を着ていたのだろうかと思う、毎年思ってる・・・おかしいな。有給休暇をとって、吉祥寺に買い物に出かけました。平日にお買い物してるなんて、贅沢~♪お昼はTVにもよく登場する人気のお店で。ソイビーンファーム(⇒HP )     SOYBEARNFARM(大豆農場)は、お...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=




天候不順でも、一応は夏らしくなってくるもので、クローゼットの中も夏仕様。
がしかし・・・・。

着るものがな~いっ!
一体、去年の夏は何を着ていたのだろうかと思う、毎年思ってる・・・おかしいな。


有給休暇をとって、吉祥寺に買い物に出かけました。
平日にお買い物してるなんて、贅沢~♪

お昼はTVにもよく登場する人気のお店で。

ソイビーンファーム(⇒HP )

     P6080070.jpg

P6080071.jpg

SOYBEARNFARM(大豆農場)は、お味噌の専門店です。



入口を入るとぷーんとお味噌の香り。
このオサレな入れ物に入っている全国のお味噌を、量り売りしてくれます。

P6080064.jpg



にぽぽが気になったのは“黒大豆玄米味噌”。
どんな味がするんだろう。

P6080065.jpg

今回はお洋服といっしょにお味噌を持って帰る気にならず、購入を見送りました。
今度、改めて買いに来なくちゃ!



ランチのメニューは、もちろんお味噌を使ったお料理です。

サラダ

P6080067.jpg

お味噌に漬け込んだ豚肉とシンプルに大根。
お味噌と肉って、合うよね~(><)



ロールキャベツ

P6080069.jpg

このお店自慢のロールキャベツ!
今回は、麦味噌のスープで出していただきました。




路地に入って、ちょっとお散歩。

     P6080072.jpg


ショッピングエリアと住宅エリアが混ざっている吉祥寺。

P6080073.jpg

だから探索が楽しいのですが、この道の先は行き止りと思いきや~・・・

井の頭公園に入れてしまうのです。
この辺りお家は、公園が自分のお庭のようで、うらやましい。

P6080075.jpg




にぽぽの日記で何度か登場している、井の頭恩賜公園。
大正6(1917)年に開園した都立公園です。

この公園を含む武蔵野の地は、湧水が豊かで、縄文時代から人が住んでいましたが、江戸時代には徳川家のお鷹場となっておりました。

P6080076.jpg



こちらは“お茶の水”と呼ばれる湧水口。

P6080077.jpg

鷹狩りに着た徳川家康が、この湧水の水を気に入り、よくお茶をたてたことに因んでいます。


湧水が注ぎ込む池。

P6080082.jpg

池には七つの井戸があり、そこから清水が湧出するので、“七井の池”と言われていました。
寛永6(1629)年、徳川家光が鷹狩りに訪れた際に、池の名を尋ねたところ、その返事は「なない」だったのですが、家光は「名無い」と聞き間違えて、それなら水の源である「井の頭」にせよということで、井の頭池となったというコントかよっ!という由来が残っており、井の頭の名づけ親は、徳川家光なのです。
井の頭公園は、この池がメイン。



P6080083.jpg

井の頭公園内、どこを切り取っても絵になりますが、にぽぽはどうも、弁天様のエリ
アに惹かれてしまう。

水面ギリギリまで枝が伸びたモミジ。

P6080084.jpg



噴水の水しぶきも涼しげに感じられるようになりました。

P6080086.jpg




ここの弁天様にお参りするのも久しぶりです。

P6080088.jpg



緑の天井の正体は桜です。

P6080089.jpg


お花見の時期には、花天井!!
それはそれは見事で、花見も盛り上がり、毎年酔っ払いが池に飛び込む・・・困ります!

P6080090.jpg




おおー♪デートの定番、ボートですね。

P6080096.jpg

井の頭公園でカップルでボートに乗ると、弁天様がやきもち焼いて、別れさせちゃうというジンクスがあるんだぞー!
いいのか~!

よく見ると、ボートの漕ぎ手は女子だ。
最近は、こういう構図になってるの?



お茶の水の湧水口の真反対側。

P6080091.jpg



池の終わりで水が水路を流れていきます。

P6080092.jpg



「ここが神田川の源流です。
神田川は善福寺川、妙正寺川と合流して墨田川に注いでいます。」

     P6080093.jpg



笹舟を浮かべたら、漕ぎ出でるかな大海に?

     P6080094.jpg

すぐに岩に引っかかるだろ、どう見ても・・・。


一人突っ込みをしながら、ショッピングエリアに戻るにぽぽの前に“いせや”出現。

P6080102.jpg

こんな誘惑に素通りできる人なんている?
いないね、いる訳ないね。



ビールとタコ酢。

P6080099.jpg

お店の中ではすでにご機嫌の善男善女。
平日の昼間だというのに、飲んでるなんて。
けしからん人たちだ(笑)

P6080101.jpg

にぽぽも今日は、けしからん人の一人♪





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
最近、あし@のぐってが表示されないこと、多くない?サーバの調子悪すぎの気がするわ。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
お味噌 * by 93chan
おはようにぽぽさん♪
無事に届いて良かったですぅ(^-^)

お味噌って樽?に入ってるイメージだけど
おっしゃれぇ~ですね!
こんなお店に1度行ってみたぁ~い♪
お値段もやっぱ高いのかな?
でも”食”はお金かかってもいい物を食べたいと
思う93chanですぅ^^;

No title * by タヌ子
着るものがないっていうから、お洋服を買いに行ったのかと思ったら食べて飲んでるし…(笑)
お味噌屋さん、素敵ですね。
お肉の味噌漬けも美味しそうだけど、ロールキャベツの味噌スープ味に惹かれます。
今度作ってみよう!
井の頭公園、本来なら、七井公園だったのに、家光の大ボケの勘違いからついた名前なんですね。
ぐって、表示されてるから押したら『今日は既に挨拶してます!』って怒られた(笑)
もしかしてマイページの方のことかな?

No title * by hirokun
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^^♪
吉祥寺は、新宿と並んで最も遊んだスポットですね。
住宅街の中に、ポツンと穴場っぽいお店があるのも
らしいよね。
味噌の専門店・・・
面白いお店があるもんだ。
いせやは、昼間から煙がモンモンしてて、通ったら飲みたく
なりまするよね。
ジャンボシューマイも美味しいぞ~

No title * by ☆青☆
束の間のお散歩日和でしたかね。
にぽちゃんが吉祥寺、井の頭のこと書く度に書いてる気がするけど、、、大学時代、まさに庭だったのよね~。
なんか思い出してキュンとしちゃいます。
そういえば、ボート、乗る? 乗らない? なんて言って、やっぱコワイからと乗らなかったのに別れちゃったな~。
ソイビーンファームって、お豆腐製品とか何かと思ったら、お味噌なんだ~、こんなおしゃれにお店売っちゃうのね~、いやぁ~、こんなの学生時代にあるわけもなく、、、って、学生時代は、あっても興味持たなかっただろうけど、今なら飛びつくこと間違いなしだわ!

No title * by みぃや
水辺が涼しそうでたまりません、
今日暑いね。

服、確かに衣替え時「去年なにきてたんだろう?」って
ハテナになることよくありますよね、今年の夏はわたしは大丈夫だったよw

No title * by hisami
お味噌屋さんとは思わない~
お洒落な店構えですね~
味噌使った料理も魅力的☆

No title * by ちびた
こんにちは

あれ?夏服を買いに出かけたのでは?
まあ、にぽぽさんらしいですけど(^^;)

井の頭公園はずいぶん行っていませんが、お変わりありませんね。
まあ、あそこにビルなんぞ建つわけがないですが・・・

吉祥寺、いい街ですよね、絶対住みたい。
住みたい街ランキング上位常連って納得できますよね。

No title * by koo
|^・ω・)/ ハロー♪ にぽぽん
井の頭公園の名前ってそんな由来があったんだねぇ
キレイなところ☆
ワタシも公園散歩するの大好き (*´∇`*)
いいねぇ ゆったり時間が流れてて♪

No title * by ソーニャ
同じく、季節の変わり目いつも何着ていたのだろうか?と毎年首をひねります。

吉祥寺・・・23才の誕生日を元カレの親友が吉祥寺でセッティングしてもらったなぁ。
その友だちカラオケで22才の別れを熱唱していたのでした。

先に写真を眺めてから文章に入るので、お味噌だと思わなかったワ。
アイスクリームのカップに見えました。ほんとオサレ。
お肉とロールキャベツの他におにぎりが3つコッソリと写っていますが、
3つのセットってめずらしいですね。
JR 東日本のSuicaぺんぎんのおにぎりは4つです。
あっそうそう、つかんでいる串はハラミ?ミデアムレアで美味しそう。
平日にひとりお買い物してお酒呑んでなんてホント贅沢な感じしますよね。

d(o'∀'o)b * by あいりっしゅ
昨年は何を着ていたんだろ。。。
そうそう
私も毎年思ってますょぉ
捨てたわけじゃないのに無いんですょ~(○ω○;)不思議だ

季節柄
昼間からの麦酒も美味しいですょね
串焼き美味しそー(o^-')b