にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › Archive - 2009年12月
2009-12-14 (Mon)

新橋 新正堂の“切腹最中”

新橋 新正堂の“切腹最中”

     ども にぽぽ です=*^-^*=風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせんという辞世の句を残し、浅野内匠頭が切腹したのは、元禄14年3月14日(1701.4.21)。江戸城中松の廊下にて、播州赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶが、討ち漏らして切腹処分となった。その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(四十七士)が翌15年12...

… 続きを読む

     PC180003.jpg


ども にぽぽ です=*^-^*=




風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん


という辞世の句を残し、浅野内匠頭が切腹したのは、元禄14年3月14日(1701.4.21)。




江戸城中松の廊下にて、播州赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶが、討ち漏らして切腹処分となった。
その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(四十七士)が翌15年12月14日(1703.1.3)に吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹した。
この一連の事件を元禄赤穂事件といい、一般に『忠臣蔵』の名で知られています。



去年は14日が日曜日だったので、討ち入りのルートをてくてく歩いた(2008年12月14日の日記⇒両国から泉岳寺 赤穂浪士引き上げルートを歩く! )んですけどね
今年は月曜日なので残念ながらお仕事(T T)
以前お散歩したときのいろいろな写真を使いまわしして、浅野内匠頭の最後の一日を追いたいと思います。





元禄14年3月14日(1701.4.21)、朝。
浅野内匠頭は江戸城大手門より登城。
幕府から任じられていた饗応役もこの日に予定されていた勅答の儀を無事過ごす事ができれば一段落めでたしめでたしのはずでありました。

江戸城大手門⇒下記地図①の辺り

1.大手門

2.大門

ちなみに、饗応役とは・・・
毎年正月に江戸幕府は高家(由緒ある武士の家柄、名門の武将)を京に派遣し、天皇と上皇に年賀を奏上しました。
これに対し天皇と上皇は2月下旬から3月半ばにかけて使者(勅使=天皇の使者・院使=上皇の使者)を江戸に派遣するのが毎年の恒例行事であり、この使者にご馳走をふるまったり、高価な進物を献上したり、使者の行く先のインテリアをよくしたりするのが饗応役で、主に外様大名が任命されました。


無骨な大名が一人で饗応役を務めて失礼があってはいけないので、朝廷への礼儀作法に通じた高家肝煎が指南役につくのが決まりだったのです。この指南役が吉良上野介。




午前11頃、江戸城本丸大廊下(通称松の廊下)⇒下記地図②の辺り

15.松の廊下跡

旗本梶川与惣兵衛と勅答の儀の打合せをしていた吉良上野介に対し、


「この間の遺恨覚えたるか!」


浅野内匠頭が脇差で刃傷に及びます!
側にいた旗本梶川与惣兵衛や茶坊主達が浅野内匠頭を取り押さえます。



16.松の廊下の碑


「浅野殿、殿中にござる!殿中にござるぞ!!」


江戸城において、刀を抜くことはご法度だったのです。




午後1時頃。
城中における武家の礼式を管理する奏者番の田村右京大夫の屋敷にお預けが決まり、田村氏は急いで自分の屋敷に戻ると、部下である一関藩士75名を身柄受け取りのために江戸城へ派遣した。



午後3時頃。
一関藩士らによって網駕籠に乗せられた浅野内匠頭は、不浄門とされた平川門より江戸城を出ると田村邸へと送られました。


江戸城平川門⇒下記地図③の辺り

30.平川門

生きながら不浄門を出されたのは浅野内匠頭と、「絵島生島事件」で有名な奥女中絵島だけと言われています。




31.平川門出る

饗応役として、大手門から華々しく登城したその日のうちに、罪人として平川門から出されることになった浅野内匠頭の心中いかばかりか・・・。




午後4時頃、田村右京大夫の屋敷⇒下記地図④辺り

PC180007.jpg



田村邸についた浅野内匠頭は“出会いの間”という部屋の囲いの中に収容され、着用していた大紋を脱がされた後、1汁5菜の料理が出されたが、浅野内匠頭は湯漬けを二杯所望したという。

田村家は当分の間の預かりと考えていたようで、浅野内匠頭の座敷のふすまを釘付けにするなどの処置をしていました。



午後5時頃に幕府の正検使役として庄田下総守安利(大目付)、副検使役として多門伝八郎、大久保権右衛門(目付)らが田村邸に到着し、浅野内匠頭に切腹を宣告したのでした。

     PC180008.jpg

PC180009.jpg


宣告が終わると直ちに浅野内匠頭の後ろには幕府徒目付が左右に二人付き、障子が開けられて、庭先の切腹場へと移されます。
浅野内匠頭は庄田・多門・大久保ら幕府検使役の立会いのもと、磯田武大夫(幕府徒目付)の介錯で切腹。

享年35。



田村右京大夫屋敷は芝愛宕下の、現在でいう日比谷通りの“新橋4丁目”付近で、その歩道に以前は『浅野内匠頭終焉の地』の石碑が建っていたのですが、現在環状2号線工事による再開発で石碑は昭和の森公園にお預かりとなっています。
石碑が元の場所に戻るのは道路完成後の平成26年頃の予定だそうです。

田村右京大夫屋敷があった場所も、もうすぐスッカリと道路になってしまうのですね・・・

PC180011.jpg



ところで、浅野内匠頭が切腹を遂げた庭は、日比谷通りよりもう少し東、新橋赤レンガ通りに寄った辺りだったそうです。

その場所にはイチョウの大木がそびえていたそうなのですが、関東大震災で焼失し、切り倒されました。
その切り株の上に“田村銀杏稲荷大明神”が祀られました。

PC180004.jpg

     PC180005.jpg


現在の社は2004年に地元有志により復活されたものだそうです。
風誘う・・・の切腹シーンでは桜の木の下で、春の名残にと花びらがハラハラと散るのですが、実際はイチョウだった・・・?




JR新橋駅に戻る途中、ダンダラの幟を発見!

     PC180001.jpg

あ!裏返しだった(汗)



田村右京大夫屋敷跡のすぐ脇で営業している和菓子屋さん、“新正堂”さんの幟でした。

PC180002.jpg



こちらが“新正堂”の切腹最中!

PC180014.jpg

閉じてるはずの最中がカパッと切腹、はみ出る餡(笑)
餡の中にはギュウヒが隠されていてモチっと美味しいです。

クレームのお詫び訪問の際の手土産に人気と聞いたことがありますがホントかな?




<おまけ> それぞれの写真の場所

     忠臣蔵地図
(地図は大きくなります)




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



No title * by 桃源児
そういえば、今日は討ち入りの日、きっと泉岳寺は線香の煙が煙幕のようになっていることでしょう。
この事件には本当に謎が多いですね。
皇居、東御苑の写真、二月に行った時のことを思い出しました。
切腹最中、確かにお詫び訪問にはいいかもしれませんね。
切腹したつもりということで。

No title * by jitan
ちょっと来れない間に歴史ものの記事がたくさん!!
とても面白く読ませていただきましたよ~ありがとん。
この最中、いや絶対いいと思います。
クレームのお詫びじゃなくても食べてみたい。
今度買いにゆきたいです。
あと一個前の記事の四谷怪談。
この間、「嗤う伊右衛門」を読んだのですが、京極さんの解釈に涙がでました。。。
いろんな解釈とか説がありますよね。

No title * by りえ
にぽぽたん こんばんは。
14日の討ち入りの日はお仕事だったんですね。
浅野内匠頭のこととっても詳しく書かれてて
さすが詳しいにぽぽたんだね(^^)
そんなにも若く切腹されたんだね。。
切腹最中っていうのがあるんだね~。
最中で中の餡がみえるのははじめてみました(^▽^
おわびに切腹はこわいけど手土産に楽しそう♪
美味しそうな最中ですね~(^u^) 

No title * by koo
切腹最中ってすごいネーミング。。だねぇ(^^;;
でも、お餅も入ってるの??おいしそー(>_<)
私にとっては、忠臣蔵も薄れる興味。。。やば(ーー;)

No title * by タヌ子
今日も分かりやすい説明で、色々勉強になりました。
しかし300年でこんなに風景が変わってしまうんですね。
浅野内匠頭が蘇ってここを見たらどう思うでしょうね。
ドラマではもっとおっさん的なイメージがあったのに、まだ35歳だったんですね。
私にしてみれば、まだまだ血気盛んな若者と思える年齢。
思わず切りつけてしまう気持ちもわからないでもない。
とこよく悪役爺さんが演じてる吉良上野介がまだ40代だったらショックだなぁ(笑)
切腹最中、1年中買えるのかしら?
はみ出した餡子が激しく私を呼んでいる(笑)!

No title * by 茶々
12月14 日ときたらやはり忠臣蔵ですね。

饗応役の解説に「インテリア」が出てくるところが
にぽぽさんらしいですね。

それにしても切腹最中、腹が割れていてちょっと
リアルすぎませんか。コワイ。

No title * by まつんこ
名残が残っている場所、車が飛び交っていて昔の面影がなくなっているところ・・・
時代が変わるって興味深いですね。
でも、なるべく昔のまんまに残しておくことって、難しいけど大切なことなのかもなあ・・・なんて感じました。

それにしてもはみ出てる餡・・・・たべたーい♪

応援!

No title * by berry-berry
にぽたん、おはようございます♪

昨年の記事と照らし合わせながら、読んじゃいました。
きっと毎年、この記事を書くのでしょうけど
読む比べたりすると、また面白いね~♪

今回は時間を追っての解説が、素晴らしかったです。
ドキドキしちゃいました~。 v-345

昨年は『討ち入り定食』のおそばだった…。 (⌒▽⌒)アハハ!
今年は、『切腹最中』ときましたね。 ( ̄m ̄〃)
いつも楽しい話題に、飽きるコトはありません。

昔とは、随分風景が変わってしまいましたね~。
それにしても、いつも勉強しててすごいね…にぽたん♪  v-286v-380

No title * by ちびた
おはようございます

さすがにぽぽさん、充実した内容ですね!
写真でごまかす散歩日記とはひと味違います(^^;)エヘヘ

ところでのぼりの上下にある、三角の模様。これを見ると
ついつい「新撰組」って思ってしまうのですが、この三角の
つながった模様の由来ってなんなんでしょう・・・?

No title * by みぃや
あぁ、なるほど
クレームのお詫び訪問の際の手土産ね、
それはトンチが効いていていいじゃぁないですか!
わたしなら即許しますが、
世の中シャレのわからない人もいますからねーwww

これは外国籍の方がよろこびそう!