にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › Archive - 2010年03月
2010-03-31 (Wed)

伊勢 伊勢神宮の内宮を歩く

伊勢 伊勢神宮の内宮を歩く

ども にぽぽ です=*^-^*=外宮バス停からバスに乗り約20分、内宮にやって来ました!内宮の参道口にかかる宇治橋は長さ101.8m、幅8.42m。純和風の木造橋としては国内最大規模なのだそうです。この橋によって神苑と俗界を分けています。宇治橋は橋姫という橋の神様に守られているのです。小さい子に橋の真ん中を歩かせているお母さんやおばーちゃまに、「真ん中は神様の通り道だから乗っちゃダメ!」って、言いたかった!まぁ...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=




外宮バス停からバスに乗り約20分、内宮にやって来ました!

P3240587.jpg



内宮の参道口にかかる宇治橋は長さ101.8m、幅8.42m。
純和風の木造橋としては国内最大規模なのだそうです。

P3240588.jpg

この橋によって神苑と俗界を分けています。
宇治橋は橋姫という橋の神様に守られているのです。

小さい子に橋の真ん中を歩かせているお母さんやおばーちゃまに、「真ん中は神様の通り道だから乗っちゃダメ!」って、言いたかった!
まぁ、ダメなら神様がコケサセルとかで叱るだろうと思って口に出すのはやめました。



P3240628.jpg

去年の11月に架け替えがあったばかりなので、木のいい香りもするしピッカピカ!
20年後 の架け替えまでに延べ1億人を超える参拝者が渡ることになるんですって。



P3240591.jpg

五十鈴川と平行してまっすぐに伸びる参道を歩くと、神の領域に入ったなーという気が・・・がするようなしないような(笑)
外宮に比べると、視界がばーっと開けているので開放感があります。



内宮も火除橋は工事中!!

P3240592.jpg

平成25年に行われる式年遷宮に備えて、いろいろな準備が進んでいるのでしょうね。
架け替え作業もめったに見られないと思うと興味深いですけど(^^



P3240593.jpg

第一の鳥居をくぐり、右手に行くと五十鈴川の御手洗場(みたらしば)。

P3240596.jpg

鈴を転がしたような清らかな水の音の五十鈴川。
参拝する前に心身を清める場所です。



神楽殿を過ぎて、御正殿に近づく辺りには、樹齢600年、700年、800年!の木がたくさんあって、神々しい雰囲気です。

     P3240598.jpg

歩いている人たちも、みんななんとなく神妙な気持ちになるようで、大声を出す人もなく。
もちろんにぽぽも。

     P3240600.jpg



御正殿の敷地を支えている石垣。

     P3240606.jpg

やっぱり御城の石垣とは風情がちがって、自然と調和しているようです。
人の手によって積まれたものですが、神様の積み木遊びのような柔らかさを感じました。


P3240602.jpg

石垣の一番手前、ひときわ大きい石を籾種石といい、お米の形に見立てられています。
天明年間の代51回内宮式年遷宮(1781~1789年)に、神領民である現在の伊勢市楠部町の住民が五十鈴川上流から苦労して運び奉納したのです。
このとき、農作業よりも石の運搬を優先したため食糧不足に陥り、倉に残してあった籾種を食べ尽くしてまでも石を運んだのだそうです。



P3240604.jpg

御正殿の前には、大きな石で作られた石段があります。
この石段を登りつめると天照大神がいらっしゃる御正殿。
正面には白い幕が下がっているので御正殿を直接見ることはできません。もちろん、写真撮影も階段の下までです。

お参りをしたあと、横からちょっと内宮御正殿を覗き見。
なんだか御正殿の窓から普通に天照大神が顔を出しそうな感じがします。



御正殿からの帰路、脇参道に入り別宮の天照大神の荒御霊をまうる荒祭宮(あらまつりのみや)に向かうところにひときわ存在感のある大~きな木があります。人がちっちゃい!

     P3240599.jpg


世界を貫き支えているといわれるユグドラシル(宇宙樹)か、これは!!
な~んて、子どもの頃に夢中で読んでいた北欧神話を思い出してしまった。

     P3240608.jpg
※ユグドラシル=セイヨウトネリコというモクセイ科の木だといわれています。
この木はセイヨウトネリコではないと思いますが、あくまでもにぽぽの印象です。


北欧神話では、人類の誕生にもユグドラシルが深く関わっていて、最初の男は神々によりセイヨウトネリコから創造され、女はニレの木から創造されるのだそうです。


お?人類製造中?

P3240607.jpg

北欧神話での最高神はオーディーン、戦争と死を司る男性の神様なのですね。
北欧神話ってちょっとおどろおどろしいところがあります。

日本人に馴染み深いギリシア神話の最高神はゼウス、天空神として雷や雨、雪などの気象を支配しています。
こちらもやはり男性ね。

日本の神話での最高神は天照大神。
女性が最高神だなんて、日本って真のフェミニストな国だと思うなあ。

天照大神は今の皇室の祖先であるってことになってて(笑)、あまり意識していないと思うのですが、日本って世界最古の国なんですよ。
実は、前にも一度書いたことなのですが・・・(^^; (2008年7月22日の日記⇒ 天皇陵に涼みに行く )。

日本は大和朝廷がずーっと続いているので、建国2000年と考えられます。
二番目はデンマーク王国で1100年ぐらい。
三番目はイギリスで900年ぐらいなのだそうです。



話しが脱線してしまいました、参拝を続けましょう!

荒祭宮に向かう途中には神宝類を保管する外幣殿(げへいでん)や稲を収める御稲御倉(みしねのみくら)があります。

P3240611.jpg

弥生時代の建物の特徴がそのまま残されているのだそうです。



さらに進んでこちらが荒祭宮。

P3240612.jpg

沢山のお宮があって、全部にお賽銭を上げてたら大変だわー!
って関西弁の女性が言ってましたけど、ほんとにその通り(笑)


外宮の“三ツ石”じゃないですが、あちこちに注連縄が張られているスポットがあります。

P3240613.jpg

全部がパワースポットですから、もう気にしてられないわ(笑)




     P3240614.jpg

この木はそんなに大きくないのですが、風の宮に向う途中にあって、全体が苔むしていたのです。
モリノモリゾウと勝手に命名。



お参りを済ませると、なんだか体が軽くなったようないい気分(単純)。
出口に近づくといろいろな動物もいました。

P3240617.jpg

鯉を見たら、ついポンポンと手を叩いてしまいます。
うわーっ!みんな寄ってきた、ちょっと怖い(^^;


P3240619.jpg

おおー、ここにもチャボ!!
今年はチャボと縁があるのかな(2010年2月23日の日記⇒ 谷保 ヤボテンな梅 )。


宇治橋の近くにこんなにお花が咲いていた。

P3240621.jpg

入ってきたときは目に入らなかったのに。

P3240624.jpg

ウグイスか?メジロ?
蜜を吸うのにお花をついばんでしまうので、ガクごとお花がクルクル落ちてきました。



P3240622.jpg

これはソメイヨシノかな?

P3240623.jpg

にぽぽの今年の花見はじめはお伊勢さんでした。



さて、俗界に戻って食べまくりの買いまくりだぁ わおーーーっ!

P3240632.jpg

よいとこせ~、おはらい町♪




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



こんばんは(^^) * by 幸
良いなぁ~v-353
参拝の後は、さぞ気持ち良かったでしょうね・・・

この後は、やはり食べ歩きなのですね(^^;

こんばんは♪ * by りえ
にぽぽたん こんばんは~。
外宮バス停から内宮まで20分かかるんですね。
伊勢神宮ってほんとに広いですね
木造の橋、できて間もないそうで木の香りが
落ち着くし好きなので歩いてみたいです。
そばに五十鈴川が流れてるんですね
直接、川で手を清めれるなんていいね。
木もどれも神木って感じでパワー感じてきますね
鯉泳いでるの見るとそばに行きたくなるけど
あまりたくさん口あけて寄ってくるとちと怖いですよね(笑)
桜も綺麗に咲いてますね(^^)
食べまくり、好きな言葉です(笑)

NoTitle * by タヌ子
お宮さんに行くと、神聖な気持ちになりますよね。
特に何もしてないのに、なんだかとっても良いことをした気になります(笑)
伊勢神宮、一度訪れたことがありますが、食べ物旅行の途中だったので、ささっと流してしまったのです。
罰が当たらなくて良かった。
今回遠距離ながらじっくりお参りさせてもらえて良かった!
世界最古の国の国民としては、もっと誇りと自覚を持って行動しないといけませんね(反省)。

NoTitle * by イノぶた
おーやってきました内宮!!
懐かしいな~!!
私が行った時は 宇治橋が工事中・・・
それにしても 立派な木が魅力的!!
また行きたいわ~!!
天から落ちてきた 割れたいし(踏まぬ石)探せましたか?
本当にすべてがパワー感じますよね!!
にわとりちゃんもいた!!

NoTitle * by まつんこ
樹齢●百年・とかすごいですよね!!この木も神様が宿っているような神秘的な気分になりました。
今日、樹齢600年の桜の木を仕事関係で見に行ったのですが、やはりその貫禄ある面立ちに圧倒されました。
私はやっぱり木には神様が宿っている気がするんですよねぇ。。。(しつこくてすみません。。。)

お伊勢 * by こまいぬ
おはよう、にぽぽさん
前での記事も、今日の記事も
ほんま、よう分かるわ~ 楽しい☆
アタシ、お伊勢さんには3回ぐらい行ったことあるけど
こんないろいろなこと、ぜんぜん知らないままやもんv-356
アタシの頭の中には、
お伊勢さん=「ええじゃないか、ええじゃないか、ええじゃないか~」
っていう歌が浮かんじゃう
分かるかな? 赤福もちのCMソングe-343
また行ってみたいなぁ 歩いてみたくなりました
もしもお伊勢さんに行ったら、絶対にモリノモリゾウを
なでなでしちゃうぞーv-411

反省 * by 茶々
一昨年、お伊勢参りをしたことは、前回お話したとおりですが、そのことをブログに書いたものを読み返してみたら、5行程度で終わりでした。
同じところを訪れたにぽぽさんが大作に仕上げられているのを見るにつけ、反省しきりです。
弟子にしてください。


NoTitle * by エコmisa
にぽたん、こんにちゎ。
食糧不足になるくらい石を運ぶのに時間を費やしたなんて・・・スゴッ!!
樹齢うん百年となるとすごい迫力だゎー!!
モリノモリゾウもいい感じi-278
おー、鳥さんメジロかなぁi-274
かゎぃぃなーi-80

NoTitle * by hisami
今月末か5月頃~
いければ良いな~
ってか!行くから!絶対!?(笑)

NoTitle * by みぃや
木々が美しいね、神々しいね。
苔むしたヤツいいねー、住んでるよ、なんかの精とかw