にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › Archive - 2010年05月
2010-05-23 (Sun)

函館 2010年春・二日目 桜の松前城と藩主料理

函館 2010年春・二日目 桜の松前城と藩主料理

ども にぽぽ です=*^-^*=いよいよ松前城陥落!の前に、腹ごしらえといきましょう♪お城のすぐ近くにある老舗の温泉旅館“矢野”さんこちらの宿では、文久2(1862)年に行なわれた松前14代藩主の婚礼の祝膳をいただくことができです。文献から再現したお料理だそうです。14代藩主とありましたが、14代藩主は慶応元(1865)年生まれとwikiに載っているので、多分この婚礼は天保15(1844)年に生まれている13代藩主のものではな...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=




いよいよ松前城陥落!
の前に、腹ごしらえといきましょう♪


お城のすぐ近くにある老舗の温泉旅館“矢野”さん

1_250[1]

こちらの宿では、文久2(1862)年に行なわれた松前14代藩主の婚礼の祝膳をいただくことができです。
文献から再現したお料理だそうです。
14代藩主とありましたが、14代藩主は慶応元(1865)年生まれとwikiに載っているので、多分この婚礼は天保15(1844)年に生まれている13代藩主のものではないかと思うのだけど・・・。
13代藩主は、まさに、土方さん達が松前城を攻めた時の藩主であり、城が落とされた時に、青森の弘前まで落ち延びますが、もともと病弱であり、弘前の地で喀血、25歳で命を落としたそうです。


そして、混乱で松前に残されてしまった妻は、このとき妊娠中だったのですが、土方さんの命で、松前藩の江戸藩邸まで無事に送られたそうです。



さて、祝膳に話を戻しましょう。
藩主料理はお部屋を設けていただけます。

P5190027.jpg




お料理はこちら!

DSCN9053.jpg

おめでたい末広がりの八品ににごり酒がつきます。
若女将が挨拶にきてくださって、お料理のいわれを説明してくれました。



まずは、松前漬けといくらのしょうゆ漬け

DSCN9051.jpg

松前漬けは旅館の女将の手作りだそうです。
美味しかった!


寄せ豆腐 

DSCN9056.jpg

京風のお料理です。
北前船で、上方の食文化が伝わったものだと言われています。
ちょっと辛子が乗っていて、アクセントになっていました。
とっても気にいってしまい、東京に帰ってきてからも、餡かけの寄せ豆腐に凝っています(笑)



あわび飯

DSCN9055.jpg

本来の祝膳は、スルメご飯だったそうですが、これはサービスで、松前で獲れたあわびのご飯でした。


煮物

DSCN9058.jpg

油揚げは、当時から保存食として食されていたそうです。



クジラ汁

DSCN9057.jpg

真ん中あたりにある、ふちが黒いのがクジラ。
松前の郷土料理だそうです。
松前では、今でもお正月はどの家庭でもクジラ汁を作るし、どんなにクジラが高くても必ず買うのだそうです。
捕鯨がいろいろ問題になっていますが、完全に禁止されると、松前の郷土料理が一つ無くなってしまうので、寂しいと若女将がおっしゃっていました。
ちなみに、にぽぽはクジラってあまり食べたことがないのですが、クジラ汁に入っていたクジラ、肉というより軟骨っぽいところを使っているのか、コリコリっとして美味しかったです♪



ニシンと数の子、そして果物

DSCN9059.jpg

ニシンと数の子は子孫繁栄を祈ったもの。
果物は、今回はオレンジがついていましたが、当時はみかんが一つついたそうです。

婚礼が行なわれたのは2月末のことで、北海道では果物がいっさい採れず北前船でも腐るため、紀州から早馬で青森までそして荒波の津軽海峡をわたり届けられた貴重なみかんだったそうです。



けいらん

DSCN9052.jpg

今で言うスイーツ。
鶏の卵のようなものは、中は餡子です。
汁はかなりしょっぱめの塩出汁。なんとも不思議なものですが、東北の南部地方から伝わったお料理だそうです。




お腹も満足したところで、やっとこさ、松前城に向いましょう!
前回、松前城の馬坂門を攻めあぐねていた旧幕府軍ですが、軍議の結果、彰義隊が決死隊として馬坂門を突破、土方さん率いる陸軍隊と守衛新選組が城裏側の寺町から奇襲をかけることになりました。

松前城進撃



当時、奉行所のあった場所には、松前町役場が建っています。

DSCN9061.jpg



町役場のところを曲がれば、まっずぐ馬坂です。

DSCN9044.jpg

DSCN9017.jpg

DSCN9018.jpg


城に向う坂と門はいくつかありましたが、馬坂は藩士達の登城路として使われていました。

DSCN9020.jpg

函館からのドライブ中、どこもかしこもたんぽぽが咲き乱れていましたが、ここも!
一面ステキなお花畑でしたよ♪



DSCN9021.jpg

見えてきたあの門!
あそこで、松前勢が鉄砲を撃つ瞬間に門を開けて、撃った後すぐにまた門を閉めるという戦法を取っていたのですが、それに対して彰義隊は、門の脇に潜み、門が開いた瞬間を狙い、決死隊として攻め入りました!



お城側からみた法華寺方面。

DSCN9024.jpg

砲弾がボンボン飛んできていたのでしょう。



DSCN9025.jpg

この門を破れば、天守閣へ攻め入るのには最短経路、寺町方面から奇襲をかけていた土方隊も合流し、門の外と内から挟まれた松前藩は大混乱に陥り、自ら城に火をつけ退散したのでした。




5月半ば、松前城は、桜祭りの真っ最中!

DSCN9026.jpg


石垣に砲弾の跡が残る日本最北の城も

DSCN9028.jpg


今は桜に埋め尽くされておりました。

DSCN9036.jpg

ちなみに、松前城の桜、ソメイヨシノもありますが、多くは“南殿”という八重桜です。



DSCN9042.jpg

松前城には、白タンポポが群生していると聞いていたので、たんぽぽといっしょに咲いているこの白い花を、白タンポ!白タンポポ!と喜んでおりましたら、
「これは時しらず」だと地元のおばあちゃまが教えてくれました(汗)




温泉旅館矢野さんでの藩主料理体験は、前日までに予約が必要です。(⇒HP )
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



NoTitle * by タヌ子
祝宴のお食事、意外と地味ですね。
当時にしてみれば豪華だったんでしょうけど、飽食の時代に生きる我々にとってはダイエット食みたい(笑)
寄せ豆腐のあんかけが本当に美味しそう!
クジラ、ナスかと思いました。
お魚やお肉とフルーツの組み合わせが最近流行っているけれど、松前藩、流行のさきがけだったんですね。
素晴らしい!
しょっぱいお汁に入ってる餡子入りのお団子、食べてみたい。
この意外な組み合わせに嵌りそう。
花が咲き乱れる平和そのものの風景からは、当時の悲惨な状況が想像できませんね。
時知らずと思われる白い花、こちらでもタンポポと一緒によく見かけます。

NoTitle * by みゆきママちゃん
にぽぽちゃん写真の腕が凄いね
アングルが最高
.。゜+.(´▽`)。+.゜+・゜

春爛漫 * by 茶々
藩主料理、
私の故郷佐渡も北前船の文化が色濃く残っているせいか
料理の数々に懐かしさを感じました。

春爛漫の松前、よかったですね。


NoTitle * by あんり
素敵な祝い膳!!!朱色で末広がり~
そして豪華だわぁ~~~o(^ヮ^)o

よかったね~いいのが頂けて・・!

そしてのどかな景色~たんぽぽがいっぱいだったの?!
それと桜が美しい時で何より・・・

明るい日差しとあいまって、ほんとに気持ちいい散策に
なりましたね!
バッチリ~^^p

NoTitle * by hirokun
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^^♪
藩主料理なんて呼び方するんですね。
あわびじゃなくてスルメを食べて頂戴(笑)
質素の中にも豪勢な趣のある料理ですね。
桜が満開。。。
いい時期に松前に進軍したものだなぁ。

NoTitle * by hisami
矢野旅館は私も泊まりました~☆
お部屋の綺麗で広々してて
お食事も美味しく
素晴らしい旅館でした♪

NoTitle * by mu.choro狸
婚礼の祝膳は豪華ですねぇ、こんなのを当時も祝い膳として食べてたのですねぇ。
お値段は?(笑)
なかなかこういう観光はしないですから、勉強になりましたよ。

NoTitle * by koo
けいらん!!!!
しってる2!!
この前テレビでやってたよぉ けいらん
どう??おいしかった??
あんこと出汁の具合は???
いまワタシの中で一番興味がある
スイーツだよん♪

NoTitle * by ☆青☆
前回もそうですが、写真がキレイ過ぎて、景色とか、松前藩のフィギュア(といっていいのか?)なのかホンモノなのか??? と、混乱しそうです。

婚礼の祝膳を再現して、食べさせてくれるなんて面白い試みですね~、イクラと鮑だけでもう十分!(タヌ子さんのコメントに1人でウケてます)。
三三九度はないのかしらん?
にぽちゃん、誰と食べたのよ~???(*^。^*)
お料理は、全体にうちの田舎を思い出します、やっぱり近いんですよね。
これは、テーブルに座っていただけるのですね、畳の上で御膳だと、私はもはやつらくてムリ、味わうどころじゃないと思います。

新撰組のことは・・ * by はなこころ
敵~
的、見方をしていたので~
よく、知らないのです。

≪松前城≫
石田城と並び日本における最後期の旧式城郭である。戊辰戦争の最末期に蝦夷が島(北海道)の独立を目指す旧幕府の軍(元新選組の土方歳三が率いていた)と攻防を繰り広げ、落城させられたことでも有名である。旧城内一帯が国の史跡に指定されており、また、築城時から現存する本丸御門が国の重要文化財に指定されている。2001年には北海道遺産(「福山城と寺町」)に選定された。

へえ~
そうなんですね~。

・・v-252はなこころ