にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › Archive - 2010年05月
2010-05-26 (Wed)

函館 2010年春・二日目  六花亭と龍馬さんの関係

函館 2010年春・二日目  六花亭と龍馬さんの関係

ども にぽぽ です=*^-^*=松前から函館に戻ったのは、17:00ぐらいでした。レンタカーを返して、夕飯にはちょっと時間があるし・・・ということで。12月に函館に行ったときに出来ていて、気にはなっていた“北海道 坂本龍馬記念館”に入ってみた。なんで函館に?大河ドラマのブームを見越して作ったのか?!とか思いたくなるんだけど。実は龍馬さんは蝦夷開拓の構想を持っていたことが、北海道に記念館を作ることになった...

… 続きを読む

ども にぽぽ です=*^-^*=





松前から函館に戻ったのは、17:00ぐらいでした。
レンタカーを返して、夕飯にはちょっと時間があるし・・・ということで。
12月に函館に行ったときに出来ていて、気にはなっていた“北海道 坂本龍馬記念館”に入ってみた。

DSCN9093.jpg



なんで函館に?
大河ドラマのブームを見越して作ったのか?!

とか思いたくなるんだけど。
実は龍馬さんは蝦夷開拓の構想を持っていたことが、北海道に記念館を作ることになったきっかけらしいです。



坂本家の家系図を(また会社で 爆)作ってみましたので、見てくださいまし。

坂本家
(クリックすると大きくなります。)



別に龍馬さんのファンじゃーないけど、一応江戸オタク、幕末オタクであるからして、龍馬さんも、薩摩も長州も基本はおさえとかないとね。



坂本家というのは、そもそも直益さんが土佐藩郷士株(武士の権利)をお金で買って、長男の直海さんを郷士坂本家の初代とし、直清さんに商家才谷家を継がせたことから起こっています。


坂本家としては3代目になるのが龍馬さんのお父さんである坂本八平さん(大河ドラマでは児玉清さんね)で、この人は婿養子だったんだね。
八平さんの息子が、長男・権平さんと、次男・龍馬さんでありました。


龍馬さんとお龍さんとの間に子はなかったのですけど、明治の世になってから、“維新の功労者である坂本龍馬”の系統が途絶える事を防ごうと、朝旨(←朝廷の命ですよ?!)により、龍馬の一番上の姉の息子が“坂本直”として龍馬さんの跡を相続しました。


龍馬さんと7歳しか違わなかった坂本直さんは、文久元(1861)年に土佐勤王党に加盟していましたが、その2年後、龍馬さんに誘われて勝海舟の門下生になりました。

よかったよねぇ、勤王党に残っていたら、命はなかったことでしょう。



その後も龍馬さんといっしょに、亀山社中や海援隊の中心人物の一人として活躍し、さらに龍馬さんの命により、蝦夷地開拓に向けて調査を行ったりしていたそうですよ。


さてさて、時は流れて慶応3(1867)年、直さんは明治政府に出仕していましたが、翌慶応4年には五稜郭に置かれた箱館裁判所の権判事を命じられました。
この10月に、箱館は榎本武揚率いる旧幕府軍に占領されてしまい、直さんは一旦は青森に逃れますが、箱館戦争にも新政府軍として加わっていたそうですよ。
(※函館は幕末当時“箱館”だったので“箱”の字を使用しました。)


この辺りの経緯で、北海道坂本龍馬記念館が函館に出来ることになったのかもしれませんねぇ。
直さんのあと、龍馬の家系という意味では絶えてしまいましたが、郷士坂本家5代目当主となった直寛さんが龍馬さんの北海道開拓の意思を継ぎ(?)、一家で高知県から北海道に移住し、北見の開拓に着手したのだそうです。



そいうことで、北海道と龍馬さんの関係を強調する“坂本龍馬記念館”、な訳・・・うーん・・・。
展示してある品は、残念ながらふーーんという感じで、龍馬さんファンならば、もうちょっと充実させてくれと思うかも。



もう一回、坂本家の家系図を見てください。
一番下に書いた、坂本家8代目の直行さんですが、山岳画家として有名な方です。
六花亭のチョコレートでおなじみの、あの絵も、直行さんの作品であります。

     DSCN9128.jpg

直行さんは龍馬さんの甥の孫に当たるわけです。
これを書きたいがために、六花亭のチョコレートを買って帰ってきた、ものずき(笑)




この日の夕食は、回転寿司~!!

DSCN9104.jpg

またしても、普通のおすし屋さんデビューはできなかった。
だけど、いいの、おいしかったし。

DSCN9094.jpg

まずは、函館地ビール。
冬に来たときにはフルーティな味わいのヴァイツェルン、“五稜の星”をオーダしましたが、今回は“北の一歩”。
柔らかい甘味のあるエールビールです。

さあ、食べるぞーっ!

DSCN9095.jpg

噴火湾で獲れた油子。あいなめのことらしいです。


DSCN9096.jpg

今が旬のボタンエビ!


DSCN9097.jpg

いわずと知れた、イクラ、ウニ、カニ♪


DSCN9102.jpg

お酒も注文。
久保田、萬寿。


DSCN9100.jpg

ミンククジラの入荷があったので、注文してみました。
赤身の下に脂身もいっしょににぎってあります!!
しかし、ぜーんぜん脂っぽくない、びっくり。
馬刺しのタテガミのところみたいな感じでしたよ。


DSCN9101.jpg

ズワイガニ~。
ちょっと脂が乗っていなかった・・・シーズンじゃないしね。


DSCN9103.jpg

白魚。
後味サッパリで〆~!!




また食い倒れネタで、お叱りを受けそう・・・(汗)
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



NoTitle * by イノぶた
回っててもなんて美味しそうなんでしょう \(^o^)/
くじらってのは ビックリですが なかなかの珍味!
じゃぱんは 私も大好きな 久保田ですね!!
お皿の色が気になるわ~おいくら? 笑)

六花亭はおみやげで貰いましたが、そんな説明はにぽちゃん位しか してくれませんね 笑)
とっても勉強になりました。 ^^)


NoTitle * by 白ばら
へ~六花亭のチョコのラベルの絵♪
可愛いなって思ってましたが坂本竜馬の子孫が
描いてたの♪
今度買って見よう・・・誰かに教えてあげたくなったな~♪

お寿司回転してるけど回ってないお寿司見たい❤

NoTitle * by りえ
にぽぽたん こんばんは~。
龍馬、大河ドラマ観てるので記事とっても
興味深く読ませていただきましたよ(^^)
家系図も見せてもらえてありがとう~。
六花亭のこと、知らなかったです~。
8代目の方が画家だったんですね。
こんど売ってるのみたらじっと見てしまいそうです(^^)
チョコ美味しいですよね~。
お寿司、とっても美味しそう~~。
回転寿司のお寿司には見えないです。豪華だわ~(^^)

NoTitle * by ともたん
にぽぽちゃん!すごい!
ともたんは北海道にいながら坂本龍馬と六花亭の関係なんて知らなかったよ~
勉強になりましたぁ~
ありがとうね~v-392

NoTitle * by ROUGE
おお~~!
六花亭のお菓子、大好きだし、
今、福山さんの「竜馬伝」にはまってるから
今回の記事は「へえ~~!」の連続だわ!
実はそれまで坂本竜馬って名前位しか知らなかったの(^^;
にぽぽちゃんの記事、
あのドラマのキャスティングの顔を
思い浮かべながら読みましたよ~(笑)

NoTitle * by れぃん
にぽぽさん こんにちわ~

そうなんですよね、六花亭さんの包装紙などの絵の作者さんのこと^^
さっそくに家系図を作られるとは、にぽぽさん、素晴らしぃです~ *^-^*

お寿司が素晴らしい~~ きらきらと光っていますね
このなかのどれも、まだ食べたことありません! グスン
そして地ビールのおいしそうなこと~
まっ、久保田さんまでですかぁ~i-175 
三拍子もそろって、贅沢の極みです *^-^*

こんばんは(^^) * by 幸
握りって、いつ食べたかな・・・
美味しそうですe-266

六花亭のチョコレート、美味しかったでしょ?
ロイズの次に好きです(^^;

NoTitle * by みゆきママちゃん
言葉が出ないわ
さすが、にぽぽさん
゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チ

六花亭 * by 茶々
六花亭のチョコレートの絵は、龍馬の甥の孫に当たる方
が描いた。ここだけは押さえておきます。(笑)

お寿司、回っていようがいまいが、ネタが良ければいい
ですよね。美味しそう。




NoTitle * by タヌ子
会社での系図作り、お疲れ様でした!
龍馬と六花亭がこんなところで繋がっていたとは!
私だったらそんなことは知らなくても買ってくるけど(笑)
それにしても、北海道は回転寿司も本格的ですね。
ミンククジラ?
赤身が凄い色なんですね。
上に乗ってるのは生姜ですか?
北海道の山ワサビ(ホースラディッシュ)で食べても美味しそうですね。
馬刺しは一度も食べたことがないので、タテガミの所って想像もつかないけど、首のところにそんなに脂があるんだ。
このオレンジ、黄色、ピンクのトリオ、ボタンエビ、ピチピチの白魚の写真は今夜夢に出てきそうです(笑)