にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › スキスキ♪新選組 › 新選組を歩く~落日編その2~
2008-06-01 (Sun)  00:05

新選組を歩く~落日編その2~

2008年6月1日 東京/

ども にぽぽ です=*^-^*=


いよいよ京都旅行、最後となりました!

近鉄竹田駅のすぐ近く。

安楽寿院
安楽寿院(官軍布陣)
官軍の本営が置かれた場所です。
官軍はここから鴨川に架かる小枝橋まで布陣し、鳥羽街道を京に向って進軍してきた幕府軍と対峙しました。
強行突破しようとした幕府軍に、城南宮や鳥羽離宮庭園に布陣していた薩摩軍の大砲の第一弾が撃ち込まれました。
戊辰戦争の開戦です。

城南宮
城南宮1  城南宮2
官軍の陣として、御香宮とともに薩摩軍の主力部隊が置かれた場所です。
この時、新選組は伏見奉行所にあって、大砲の音を聞いたのでしょう。

小枝橋
小枝橋  小枝橋のほとり
ここから鴨川は桂川、淀川と合流していきます。
新選組激戦の場所千両松まで、その距離約9km ・・・にぽぽ歩きました、ひたすらに。

小枝橋から鳥羽街道にはいってすぐのところにあるお店に寄りました。
おせき餅
おせき餅
近藤局長がよくこのお餅を買いに来ていたといいます。
お店の方に“おせき”というのは何ですかと伺ったら
このお餅を作ったのが“おセキさん”という女性だったそうです。

鳥羽街道
鳥羽街道 
昔の面影が残る街道ではありますが、コンビニ一軒ありません。
おせき餅とお茶、頂いておいてよかった~(* ̄・ ̄)

街道からはずれて川沿いのサイクリングロードを行く事にしました。
この景色
鴨川のほとりの景色
鴨川がもう少しで桂川に合流するポイントです。にぽぽは涙があふれそうになり、立ち止まりました。
土方副長のご実家がある場所、浅川が多摩川に合流するあたりの景色によく似ていたのです。
淀に向かう苦しい戦い、明らかに敗戦が色濃い状況の中で土方副長もこの景色を見たでしょうか?
故郷の日野に心を飛ばしたでしょうか?

途中にぽつりぽつりと戦場だった事を示す石碑が建っています。
愛宕茶屋跡1
愛宕茶屋跡の戊辰之役東軍戦死者埋骨地の碑
愛宕茶屋跡2 

鳥羽・伏見の戦いは激戦が繰り広げられたと言われています。
伏見奉行所では最前線に布陣し、淀への道は殿を務める新選組でした。
この旧街道には累々と死体が残されていたであろうと思うと、今ののどかな景色も少し悲しげに見えます。
DSCN1026.jpg


最終目的地、千両松 戊辰戦争激戦の地
DSCN1034.jpg  千両松 
現在は京都競馬場のすぐ脇、周りは住宅街になっています。
当時を偲ばせるものは何もありません。

唯一、古い、古い銀杏の木が

『私はずーっと見ていたよ』

とにぽぽに語りかけているような気がしました。

千両松の銀杏の木


この場所で、江戸試衛館からの同士、井上源三郎さんが銃弾に倒れます。
いっしょに参戦していた源三郎さんの甥の泰助さんが、首だけもいっしょにつれていくと首を落とし、その胴体は敵に陵辱されないよう土方副長らが川に流したと言います。

首は大変重く、当時12才だった泰助さんには持ちきれず、 泣く々途中の寺に源三郎さんの剣といっしょに首を埋めたと言われており、その寺はずーっと不明のままでしたが、場所が特定されたそうで、私が歩いた二日後の3月10日に、井上源三郎さんや土方歳三さんの子孫の方が私と同じルートを歩き、首が埋葬された場所に参った事を後で知ったのでした。



最後まで読んでくれてどうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

途中、桂川沿いで見つけました。

龍門堰下流100m付近の水中から引き上げられたそうです。
鳥羽の大石
鳥羽の大石

この石は何か?

寛文2年(1662)5月、京都を中心に大地震が発生し、二条城も大被害を受け、
建物や石垣の修理を行った記述があるそうです。その当時鴨川にあった「鳥羽の港」に二条城の城郭石材として使われるために
運ばれるはずが、途中何らかの原因で川底に沈んでしまっていたようです。

二条城の石を調査したところ、城門の飾り石に使用されているものと、石質、寸法などがよく似ていると判明、
当時の残石だという説が有力となっているそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-09-27

はじめまして。 * by ぎぅ
にぽぽさん、こんばんわ。ぎぅと申します。

素敵な京都の旅、楽しく拝見させていただきました。にぽぽさんが新選組を想う気持ちがとても伝わってきました。
京都には何度か行きましたが、淀の方はあまり行った事がないので記事を読めてよかったです。また遊びに来ます。では。

ぎぅさん、こんにちわ! * by にぽぽ
長々した旅行記を読んでいただいてありがとうございます!とってもうれしいです。伏見から淀方面はにぽぽも新選組にはまるまで、そもそも知らない場所だったんですが、古墳とか、後白河上皇がどうしたこうしたという時代の史跡がありましたよ。ちなみに伏見はお酒が美味しいところらしいです(*^▽^*)

Comment







管理者にだけ表示を許可

はじめまして。

にぽぽさん、こんばんわ。ぎぅと申します。

素敵な京都の旅、楽しく拝見させていただきました。にぽぽさんが新選組を想う気持ちがとても伝わってきました。
京都には何度か行きましたが、淀の方はあまり行った事がないので記事を読めてよかったです。また遊びに来ます。では。
2008-06-01-00:51 * ぎぅ [ 編集 ]

ぎぅさん、こんにちわ!

長々した旅行記を読んでいただいてありがとうございます!とってもうれしいです。伏見から淀方面はにぽぽも新選組にはまるまで、そもそも知らない場所だったんですが、古墳とか、後白河上皇がどうしたこうしたという時代の史跡がありましたよ。ちなみに伏見はお酒が美味しいところらしいです(*^▽^*)
2008-06-01-10:09 * にぽぽ [ 編集 ]