にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › テクテクお散歩:遠出編 › 佐賀 復元された弥生集落 吉野ヶ里遺跡 その1
2019-08-24 (Sat)  21:34

佐賀 復元された弥生集落 吉野ヶ里遺跡 その1

ども にぽぽです=*^-^*=


「一生の行かな気がする都道府県ランキング」の上位に入る佐賀県。
そんな佐賀県が熱く注目されたのは、元号が昭和から平成に変わったばかりの1998年2月。
『魏志倭人伝』の世界を彷彿させる遺跡の発見と報じられた吉野ヶ里遺跡発掘のニュースでした。

連日ニュースに取り上げられた「吉野ヶ里フィーバー」は私の記憶にも残っていて、いつか行きたいと思っていた吉野ヶ里遺跡についにやって来たのでした!!

20190712-1.jpg

駐車場も広いが、入口も広い。

20190712-2.jpg


吉野ヶ里歴史公園のマスコットキャラクター「ひみか」ちゃんのいるところで入場券を買うが、遺跡のイの字も見えない・・・。
そして昨日までと打って変わった爆発的なよい天気、暑いっ!

20190712-3.jpg

無料貸してもらえる日傘を入手し、天の浮橋を渡ってイザッ!弥生時代へ!


20190712-4.jpg

弥生時代は紀元前10世紀頃から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代です。
動物や木の実を採取することから、コメという食料を生産するようになったのが弥生時代なのです。



遺跡エリアの入口です♪

20190712-5.jpg

コメ作りが盛んになるにつれて、水や土地を奪い合う争いが起こるようになりました。
人々は自分たちの集落を守るため、周囲を濠で囲み、さらに掘る際にできた土を使って土塁を築きました。


20190712-6.jpg

入口など特に重要な区域には、尖った枝や幹で侵入しようとした敵を脅す、「逆茂木(さかもぎ)」というものでバリケードを築き、より厳重に守っていたんですって。

発掘当時の状況はこんな。
無数に見つかった土坑跡から「逆茂木」は復元されました。

20190712-7.jpg

土坑穴は濠の外側にあったのですが、復元された「逆茂木」は濠の内側にあります。
防御施設が濠の内側にあるのはおかしいのですが、遺構の保護のためになされた処置です。

20190712-8.jpg

土塁の上の柵の跡も、発掘では発見されていません。
あくまでも復元なんで、こんなだったんじゃないかなーってところもあることを理解して楽しむことが大事o(^ー゚)


20190712-9.jpg

とにかく広いので、案内表示の通りに「南内郭」の方へ進みます~。


20190712-10.jpg

木が生い茂り、自然のまんまのように見えて、道は舗装されているので歩きやすい。

20190712-11.jpg

木の枝に紛れさせてミストが噴き出してます。
熱中症対策も万全。暑いんで・・・助かる~。


建物が見えてきた~!

20190712-12.jpg

ここは「南内郭」です。

20190712-13.jpg

20190712-15.jpg

門には正門と脇門があり、正門は監視をするために櫓門になっています。

20190712-14.jpg

兵士が厳重に入口を守っていたようです。
「南内郭」は吉野ヶ里の「国」のリーダーたちが暮らしながら、「国」の政治を行っていた場所と考えられています。

20190712-16.jpg


環濠内には十数棟の竪穴式住居が建てられていたと推測されています。

20190712-17.jpg

縄文時代の竪穴式住居よりも少し大きい感じです。

20190712-18.jpg

縦穴はかなり深く掘られているので、天上が高い。
余裕で立てるし、四畳半ぐらいの広さはあるんじゃないかな。

20190712-19.jpg

炉を中心に二本の柱で屋根を支えている構造でした。
ただし、中に入っても大丈夫なように竪穴をコンクリート(?)で固めて、照明もつくように加工しているので、風が通らずメチャクチャ湿度が高くてサウナのようです。とにかく蒸し暑い(><)



煮炊屋

20190712-20.jpg


集会の館

20190712-21.jpg


ひときわ厳重に守られた住居があります。

20190712-22.jpg

「王の家」です。
弥生時代には農耕の発展に伴い貧富の差が生まれ、それが身分の差につながったと考えられています。
農耕などの共同労働を指導したり、民衆の利害関係を調整するリーダーが現れ、さらにリーダーたちを統率する「王」が誕生したのです。


吉野ヶ里遺跡の内郭には、木柱跡が発見され、現在それは物見櫓が復元されています。

20190712-23.jpg

青森県の三内丸山遺跡の櫓(2019年06月30日の日記⇒青森 三内丸山遺跡で感じる縄文時代の息吹!agein!! )を彷彿としますな。

     20190712-24.jpg

安全に登れるように頑丈な階段が作られてます。
高所恐怖症の私でも楽勝!ありがたいっ。


物見櫓から見る「南内郭」の眺め。

20190712-25.jpg


環濠の様子。

20190712-28.jpg

南内郭の土塁は高く積まれていて、がっちり防御されているのが分かります。


彼方に見えるのは庶民の暮らすムラ。

20190712-27.jpg


足元を見下ろすと高床倉庫群があります。

20190712-29.jpg

「南内郭」に住む人々の食料を備蓄していたものと推定されています。


北側は、これから行く「北内郭」の大きな建物が見えています。

20190712-30.jpg

ということで、次に続きます!


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)

おでかけ日記ランキング
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-29

No Subject * by hisami
青森の三内丸山遺跡も駐車場が広くて
入口も広かったわね(笑)
縄文~弥生で稲作が始まり
領地を広げるために諍いが始まった~って
三内丸山遺跡のガイドさんから教えて貰いました
佐賀の吉野ケ里遺跡も楽しそう♪

No Subject * by イノぶた
私は 10年前位に行ったかな?
吉野ケ里遺跡 ^^
近くのホテルにも泊まったなぁ~
観光半分 仕事半分で連れて行ってもらいました。
暑い日の野外は なかなか答えますね 💦


Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

青森の三内丸山遺跡も駐車場が広くて
入口も広かったわね(笑)
縄文~弥生で稲作が始まり
領地を広げるために諍いが始まった~って
三内丸山遺跡のガイドさんから教えて貰いました
佐賀の吉野ケ里遺跡も楽しそう♪
2019-08-25-09:52 * hisami [ 編集 ]

No Subject

私は 10年前位に行ったかな?
吉野ケ里遺跡 ^^
近くのホテルにも泊まったなぁ~
観光半分 仕事半分で連れて行ってもらいました。
暑い日の野外は なかなか答えますね 💦

2019-08-25-11:23 * イノぶた [ 編集 ]