にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › テクテクお散歩:遠出編 › 佐賀 復元された弥生集落 吉野ヶ里遺跡 その4
2019-09-08 (Sun)  13:42

佐賀 復元された弥生集落 吉野ヶ里遺跡 その4

ども にぽぽです=*^-^*=
本日の日記は長いので、写真はサムネールにしてあります。大きい写真を見たい方はダブルクリックしてみてください。

いよいよ、というかやっとというか、吉野ヶ里遺跡散策も大詰め。

20190712-86.jpg


「南内郭」の西側には、高床倉庫群と考えられる掘立柱建物群が少数の竪穴式住居跡とともに存在していました。

20190712-90.jpg

掘立柱建物群は弥生時代後期から終末期にかけてもの物が主で、吉野ヶ里の集落のみならず、吉野ヶ里の「クニ」の物資を集積していた大規規模な倉庫群であったと考えられています。


20190712-89.jpg

竪穴式住居は、倉庫群を守るために設けられていたと考えらえています。



この区域の中央には高層建物跡が見つかりました。

20190712-91.jpg

ここで開催された市(いち)を管理する市楼(しろう)だったと考えられています。

20190712-88.jpg

吉野ヶ里遺跡は、周辺の集落から多くの人が集まる中心的集落だったのだろうと考えられているのです。

市と倉
(地図はGoogle Earth を利用したもの)



最後は、当時の一般ピーポーが暮らしたエリアを見に行きます。

20190712-92.jpg


「南内郭」に暮らしたリーダーたちを「大人(たいじん)」と呼ぶのに対し、一般ピーポーは「下戸(げこ)」と呼ばれました。

20190712-93.jpg

現在は広場を中心に27棟の竪穴式住居や高床倉庫などが「南のムラ」として復元されています。

20190712-94.jpg



吉野ヶ里遺跡は吉野ヶ里が一番栄えた頃である弥生時代後期(紀元1~3世紀)の様子を復元していますが、その起こりは弥生時代前期(紀元前5~前2世紀)で、この南のムラのエリアから徐々に北側に集落が広がっていきました。

吉野ヶ里全景
(地図はGoogle Earth を利用したもの)


南のムラでの注目は、弥生時代中期に築かれた祭壇と考えられる盛土遺構です。

20190712-95.jpg

20190712-96.jpg

この祭壇からは貝殻や鳥の骨などを入れた壺が見つかっています。

不思議なことに、この祭壇と思われる盛土遺構は、南のムラの広場を突っ切って、北墳丘墓と相対するような位置にあります。

北墳丘墓と祭壇

北墳丘墓と祭壇にラインを引くと、「北内郭」の主祭殿の中心を通り、祭壇を超えた先には火山として有名な雲仙岳の尾根がそびえています。
いやー、すごいドラマティックな配置。


『魏志倭人伝』に書いてある邪馬台国の記述は
「祖賦を収む。邸閣有り。国々に市有り。有無を交易し」
「其の国、本亦男子を以て王と為す。住まること七、八十年、倭国乱れ、相攻伐すること暦年。乃ち一女子を共立して王と為す。名は卑弥呼と曰う」
「王となりてより以来、見ること有る者少なし。・・・宮室、楼観、城柵を厳かに設け、常に人有りて兵を持ちて守衛す」などです。

倭人たちは租税を納めており、邸閣とみられる大型倉庫があり、国々には市があり交易している・・・というくだりは、市が立っていた形跡の倉と市のエリアに合致。

卑弥呼が倭王として建てられた地方は男子が歴代の王となっており、70~80年感は戦いが続いていた・・・・というくだりは、甕棺墓の戦いの犠牲者の骨の発見や北墳丘墓に歴代の男子の王が葬られていていることに合致。

卑弥呼が居住し祭祀とり行った宮殿は、二重の環濠と物見櫓で閉鎖された「北内郭」の様子と合致。

やっぱり吉野ヶ里遺跡を見ると邪馬台国はここだったんじゃないかな~と浪漫を感じるのでした。



浪漫を噛みしめつつ、歩き回った一日の終わり。
お腹ペコペコの夕食に、佐賀駅北口にある“かど屋”さんにお邪魔しました。

20190712-98.jpg


こじんまりとしていますが、清潔感のある店内は地元の人たちで賑わっていて、人気のあるお店なんだなーという感じ。
お通しのキャベツがめちゃくちゃ新鮮でシャッキシャキ。

20190712-99.jpg


トマトを冷やしただけなんだからお店で頼まなくてもいいのにと思いつつ頼んでしまう・・・

20190712-100.jpg

なんか好きなんですよねぇ、冷やしトマト(笑)。
でも、佐賀のトマトは大きくて肉厚でがっつり美味しかったです!


これを目当てにこのお店に来ましたよーーーーっ!

20190712-101.jpg

佐賀牛ロースの溶岩焼き

20190712-102.jpg

やばっ、うま~~っ。
美味しいもの食べた時、他になんて言えばいいんです?


20190712-105.jpg

佐賀のお酒「万齢 純米吟醸」の杯をクイクイと開けながら、焼き鳥もスイスイ進んでしまいます。

20190712-104.jpg

20190712-106.jpg


味噌味のネギ焼き。

20190712-107.jpg

炭焼きしたネギって美味しいよね~。
というか、やっぱり佐賀の野菜は美味しいっ!!


20190712-108.jpg

〆は明太の出汁茶漬け。

いやーーーー、佐賀はほんとーーーに美味しいっ!!
大満足の夜ご飯でした。


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)

おでかけ日記ランキング
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-22

こんにちは^^ * by くろすけ
佐賀駅すぐそばの「かど屋」さん
私も訪れた事がありました
それも12年前・・・2007年の事です

随分、経っているのですが・・・
お写真をみて、確信^^
私が訪れた際、お店のスタッフさんが元気に良い感じ
その時の写真ですが
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730t2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730u2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730s2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730v2.htm
特に佐賀牛が美味しかったです・・・

まだ営業していたのも感慨深いです^^

No Subject * by イノぶた
吉野ケ里遺跡広いんだねぇ~ 笑)
私は どこを見たんだろ? 
ざっくり30分ほどいた気がしますが
サクッと説明してもらい 後にしたかな?
仕事の接待で行ったのですけど
ちゃんと回ると かなりの時間が必要ね

お肉も美味しそうだわ~ 
私は 家で山ほど食べる枝豆 
ついつい店でも頼んで 少な~い!!って叫ぶのです 笑)



Comment







管理者にだけ表示を許可

こんにちは^^

佐賀駅すぐそばの「かど屋」さん
私も訪れた事がありました
それも12年前・・・2007年の事です

随分、経っているのですが・・・
お写真をみて、確信^^
私が訪れた際、お店のスタッフさんが元気に良い感じ
その時の写真ですが
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730t2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730u2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730s2.htm
http://kuropht.pro.tok2.com/photo48/200707/070730v2.htm
特に佐賀牛が美味しかったです・・・

まだ営業していたのも感慨深いです^^
2019-09-09-11:31 * くろすけ [ 編集 ]

No Subject

吉野ケ里遺跡広いんだねぇ~ 笑)
私は どこを見たんだろ? 
ざっくり30分ほどいた気がしますが
サクッと説明してもらい 後にしたかな?
仕事の接待で行ったのですけど
ちゃんと回ると かなりの時間が必要ね

お肉も美味しそうだわ~ 
私は 家で山ほど食べる枝豆 
ついつい店でも頼んで 少な~い!!って叫ぶのです 笑)


2019-09-09-18:55 * イノぶた [ 編集 ]