にぽぽのお散歩日記

お散歩中の景色、美味しいもの、お気に入りのものを気のむくままに綴っています。

Top Page › テクテクお散歩:遠出編 › 出雲 神々の宴の場
2019-10-02 (Wed)  14:56

出雲 神々の宴の場

ども にぽぽです=*^-^*=
本日の日記は長いので、写真はサムネールにしてあります。大きい写真を見たい方はダブルクリックしてみてください。


荒木屋さんでお蕎麦を食べて、いい感じでお腹もいっぱいになったところで、出雲大社の表参道である神門通りをプラプラ。

20190910-39.jpg

平成の大遷宮の後、神門通りにも新しいカフェやお店もできて、以前に来た時より華やいだ雰囲気になったような感じがします。


たまゆら出雲大社店さん

20190910-40.jpg

パワーストーン、天然石のお店です。

出雲地方では古来より、石に宿る不思議な力を信仰する風習がありました。
玉造温泉で知られる松江市の玉造では「めのう石」の産地であった事から、古来より出雲型勾玉と呼ばれる勾玉が作られています(2015年2月15日の日記⇒神話の里出雲 古代の玉作り工房を訪ねて)。
現代においても出雲大社や皇室への献上品として使用されるなど、石への関わりが深い場所だとか。

なので、自然石のオリジナルブレスを一本作ってお土産にしました*(*´∀`*)*。゚+



おせんべいを焼くお醤油の焦げた匂いにもひかれますが、

20190910-41.jpg

台風が過ぎた後だったこともあり、とにかく暑いっ!
アイスに飛びついてしまいました。さっきお昼食べたばかり・・・(=∀=)


買おうかやめようか、迷いまくった古事記ステッカー

20190910-42.jpg

旅ハイ状態になってるから欲しいんだ・・・と自分を説得して買わずに帰って来たけど、やっぱり買って来ればよかった(笑)



出雲プラリを楽しんで、次に訪れたのは万九千神社

20190910-50.jpg

旧暦の10月10日に稲佐の浜から出雲に入られた八百万の神々は、出雲大社でなんやかんや打ち合わせをする“神議り(かみはかり)”を行って、万九千神社で“神宴(直会=なおらい)”、要するに宴会を催したのちにそれぞれの国にお帰りになるのだそうです。

今回の旅では、八百万の神々の移動をおっかけてみようと思っていたのです。


狛犬さんは、出雲狛犬のお座り型。

20190910-51.jpg

20190910-52.jpg


鳥居をくぐり正面は、万九千神社・・・

20190910-54.jpg

ではないΣ(゚д゚|||) えっ?

立虫神社です。

御祭心は、素戔嗚尊(すさのをのみこと)の御子神、五十猛命(いそたけるのみこと)、大屋津姫命(おおやつひめのみこと)、抓津姫命(つまつひめのみこと)。
木材、植林、建築などを司り、それらを広く普及し、耕地の開発に霊験あらたかな神だそうです。

拝殿は、平成30(2018)年11月11日に建て替えされたばかりでピカピカでした。
昭和48(1973)年以来、45年ぶりの建て替えだそうです。


で、
目的の万九千神社は、立ち虫神社の隣。参道に対して横向きに建っています。
現在の神殿は、平成26(2014)年10月10日に、明治11年以来136年ぶりに建て替えのうえ正遷宮されたものです。

20190910-53.jpg

御祭神は四柱。
食物の神である櫛御気奴命(くしみけぬのみこと)。
神々が宴会する場所に祭られる神としてすっごく納得。

八百萬神(やおろずのかみ)。
ここに集まることにちなんで祭られているというのも納得。

大穴牟遅神(おおむなちのみこと)。
出雲大社の祭神である大国主大神(おおくにぬしのみこと)の別名です。

そして最後は少彦名命(すくなひこのみこと)。
大穴牟遅神に協力して出雲の国を作った神です。

万九千神社は、立虫神社の境内社として祭られているんです。
要は、オジサンとオバサンのところにオオクニヌシとオオクニヌシの国造りに協力した相棒、スクナヒコがいて、そこに神様たちが寄ってから帰るということですよ。


なんか、親戚の集まりにありがちな構図じゃありません?
お正月に本家に集まって、そのついでに近くにいるオジサンとかオバサンの家にも寄ってから帰るって感じ。

実は八百万の神々が出雲に集まる理由として、すべての神々の母神にあたる伊邪那美(イザナミ)が崩御した場所に、現代的に言うと法事のために来ているという説があるそうです。

イザナミ→スサノヲ→オオクニヌシ(娘婿だけど)の流れの本家(?)に神々が法事にやってきて~、
スサノヲの子どもたちであり、オオクニヌシから見るとオジサン、オバサンのお家に寄って帰る・・・という流れ。

ね?
イザナミの法事っていう説はしっくりくる気がしますけど、真実はいかに?!
やっぱり出雲は謎が深い。
じっくりと調べてから、もう一度来たい気がします。


立虫神社と万九千神社を見た後、国道9号に戻って、あっちこっち寄りながら松江へ。

20190910-56.jpg

20190910-57.jpg


晩御飯は、以前の旅でも来た“服部珈琲工房”さん。
駅ビルシャミネの1階にある、古き良き雰囲気の喫茶店なのですが、お料理も美味しいのです。
エビとクリームトマトソース食べたんだよな~(2015年2月18日の日記⇒出雲から松江へ)

今回は白ワインと、生ハムとチーズ。

20190910-58.jpg

そしてミックスピザ。

20190910-59.jpg

喫茶店でもバル並みにお酒も楽しめちゃいました。


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)

おでかけ日記ランキング
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-10-06

Comment







管理者にだけ表示を許可